ちょっぴりの霧氷と微かに見える富士山と間近に迫る熊野灘

2018-11-24

boo

奈良盆地は霧と雲海。169号線の山肌は紅葉に彩られ、大台ヶ原ドライブウェイに入ると大峰の稜線は白く縁取られている。雲ひとつない青空の中の絶好の行楽日和。途中で霧氷の綺麗なところがあり、テンションはさらに上がる。駐車場に着くと、想像以上の暖かさ。防寒具等一切使わずじまい。まずは日出ヶ岳。所々凍結しているが歩くに支障はない程度。途中の展望デッキからは熊野灘がはっきり、くっきり。期待の霧氷はなさそうと諦めて山頂に登ると、一箇所数本に今季初お目見えの霧氷が、ある。展望台に上れば、360度の大展望、大遠望に、雲の上から少しだけ御嶽、乗鞍の顔が覗く。よくよく見ればうっすらと富士山も見える。思ったよりも大きく見えるのに驚きだ。いい時に来たもんだと、大いに満足。