晴れ間に恵まれ穏やかな北八ヶ岳坪庭散歩に心が躍る

2018-02-07

boo

3日続けての青空の下の富士山に見送られて甲府に向かう。積雪・凍結が心配だったがほぼ雪の気配もなく中央道。八ヶ岳を右や正面に捉えて目指すは北八ヶ岳ローブウェイ。あれだけ青空が広がっていたのに近付くと山頂付近は嫌な雲に包まれている模様。ま、仕方ないか。スノーボーダーやスキーヤー満載のローブウェイを降りてもかすかに青空が見えるだけ。でも、一面の雪の世界に感激。アイゼン付けて坪庭の第一展望台まで来ると、なんと、なんと、青空が広がりだした。大雪原と大展望に満足して急階段(急斜面)を下ればロープウェイの山頂駅は近い。このまま帰るのは勿体無いので縞枯山荘まで行ってみる。寒さに震えることもなく青空絶景の坪庭散歩は想像を超える楽しさであった。帰途は諏訪湖の御神渡り見物。目当てのところは残骸が残っている程度。諦めムードで湖岸沿いを走っていると、かなり残っていたようだがチラ見で通り過ぎる。結氷した諏訪湖は綺麗で、あとは一路帰るのみ。