右を向いても、左を向いても、シロヤシオと絶景の大台ヶ原

2017-06-10

boo

駐車場8:18〜日出ヶ岳8:57...9:07〜正木峠9:29〜大蛇グラ10:38...10:50〜正木峠11:48...12:08〜駐車場12:45

梅雨入り宣言があって第1週の土曜日は、晴れの予報。じゃ、どこかへ出かけよう。シロヤシオのトンネルに期待を込めて大台ヶ原。紅葉シーズンなら路駐必至の時間帯に着いても駐車場は余裕の空き。まずは日出ヶ岳を目指す。沿道あちこちにシロヤシオが花盛り。これは期待が持てる。青い海原とはいかないものの海岸線もはっきりと見えてテンションアップで日出ヶ岳。360度の大展望を満喫して、木道シロヤシオのトンネルに突入だ。

正木峠までたっぷりと時間をかける。木道の下りは絶景が広がり気分は爽快。下り終わるとまたまたシロヤシオ満開の森の中。なかなか先に進まない。

正木ヶ原を過ぎる辺りから大蛇グラ分岐までは淡々と進むが、大蛇グラ分岐からはアケボノツツジが艶やかに迎えてくれる。遠く絶壁に咲くアケボノツツジも美しい。さて、大蛇グラ。今回はあと1歩で先端というところで下を見て腰が砕けてへたり込む。と、もう前に進めない。先端直前に座り込んで展望をしばし楽しむ。少しの時間だったが、大蛇グラ貸切状態であった。

ここからはシオカラ谷に下って周回するつもりだったが、シロヤシオがあまりに綺麗だったので往路を戻ることにする。歩く方向が違うと見えるものも違ってくるだろう。ここまで会う人もまばらでこの時期はこんなに静かなのかと思っていたら、ハイカーと次から次へと擦れ違うようになる。木道も大賑わいで、ちょうど正木峠のベンチが空いたので熊野灘を見下ろしてお弁当。帰りはシロヤシオよりも人の顔の方が多かったかも。