初歩きは自宅から金剛山ピストン。雪と霧氷に大満足

2017-01-21

boo

自宅7:20〜鳩原7:55〜千早登山口8:55...9:05〜山頂10:15...10:20〜大日岳10:35...10:40〜山頂11:40...12:00〜ババ谷登山口13:00〜千早公民館13:20...13:40〜鳩原14:40...14:50〜自宅15:20

年初からバタバタとしていて、やっと今年初の山歩き。遠出するにはスタッドレスタイヤもなくチェーンを巻くのも面倒ならば、雪と霧氷を楽しもうと思えば自宅から歩いて行ける金剛山となる。今朝は暖かいが昨日の氷雨に期待半分で出かけてみると、本道五合目を過ぎると木々には白い花。たっぷりの霧氷に大満足して国見城跡へ。時折青空が顔を見せると霧氷が輝く。

今日は雪と霧氷が広範囲で楽しめそうなのでしばらくウロウロしてみよう。まずは大日岳。これだけ雪があると、実に楽しい。

次は72番電柱からワサビ谷へ霧氷の中を下って、カトラ谷への取り付きは踏み跡のない新雪を蹴散らして駆け下る。お花畑は雪に覆われて春の目覚めを待っているかのようだ。

本日二度目の国見城跡はお昼近くということもあってたくさんの人で賑わっている。座るところもないので立ったままおにぎりを2個。燻煙した塩をまぶして鶏そぼろ煮をたっぷりと詰め込んだ自分で握ったおにぎりを雪の中で食べるのは格別の味がする。

下る前に文殊尾根の霧氷を見に行く。写真でその美しさを伝えるのは未熟なものには難しいが、金剛山では最も美しい霧氷が見られる場所でもある。雪と霧氷にも堪能したことだし疲れてもきたのでこのまま下ってババ谷に出てマス釣り場から千早の集落を抜けて帰ろう。途中の分岐で考えもなく左への踏み跡に入ろうとすると、ちょうど挨拶を交わした方がそちらは歩き辛いですよとアドバイス。そのままだと文殊東尾根へ導かれて随分遠回りになるところだった。絶妙のアドバイスに感謝。