大山・ユートピア、お花畑

2016-08-01

boo

大山情報館前駐車場6:10〜大神山神社6:35...6:40〜下宝珠越7:15...7:20〜中宝珠越7:50...7:55〜上宝珠越8:40...8:50〜三鈷峰分岐9:10〜ユートピア避難小屋9:20...10:05〜上宝珠越10:25...10:30〜下宝珠越11:45...11:50〜宝珠山12:00...12:05〜スキー場最上部12:20〜中ノ原スキー場12:40〜駐車場13:00

高所恐怖症には大山・ユートピアは厳しいだろうとず〜っと敬遠してきたが、岳人8月号にユートピアの奇麗なお花畑の写真が載っているのを見て、無謀にも行く気になった。ところが、現地に着くとビビリモードのスイッチが入って『夏山登山道でもいいか...』と相方と相棒に打診してみるが、『言い出しっぺは誰や?』と即却下。不安を胸いっぱいにスタートする。大神山神社までの石畳の参道は雰囲気はいいが滑りやすく歩き辛い。境内で一息入れて登山道に入るとすぐにユートピアへの分岐。まっすぐ行くと元谷から弥山なのだが...。未練タラタラで左折する。こちらも滑りやすい石がゴロゴロ。治山道路を横切ると根っこだらけの急登が続く。登るのはしんどいだけだが下りはイヤな感じ。下宝珠越で一服。先客が居ると休憩スペースを探すのに苦労する。

平坦な道やアップダウンを繰り返して中宝珠越。小休止して上宝珠越を目指す。高所恐怖症にはやや気分の重い登山道が連続して、大山北壁や三鈷峰、ユートピア避難小屋が時々見えるが写真を撮る余裕はあまりない。上宝珠越は腰を落ち着かせるスペースがあり、あと一息だと心にも余裕が出てくるが、思っていた以上の時間がかかっている。

三鈷峰分岐からユートピア避難小屋までが、この風景の中に身を置きたかった目的の場所である。残念ながらクガイソウは終盤だが、シモツケソウが奇麗だ。サラシナシュウマも少し遠いが白い花を風にそよがせている。シシウド、シコクフウロ、コオニユリも花を添えるお花畑の遊歩道。

下宝珠越からはこのまま来た道を下るより宝珠山から中ノ原スキー場へと下るほうが時間は少しかかるが歩きやすいとネットに書かれていたのを参考に、ブナの美しい森の中を宝珠山へと進む。山頂からは背丈ほどの笹を掻き分けながら中ノ原スキー場最上部まで下り、リフト降り場からは吾亦紅とコオニユリがたくさん咲いているゲレンデの中を一直線降下である。