ピンクのカラーチャート、大和葛城山

2016-04-19

boo

水越川公共駐車場9:35〜自然観察路入口11:05〜ツツジ園デッキ(上)12:15...12:55〜ツツジ園デッキ(下)13:00...13:30〜水越川公共駐車場14:15

例年のように金剛山にカタクリを見に行くつもりが気が変わって、7年振りに大和葛城山へ足が向いてしまった。天狗谷道を登り切るとショウジョウバカマの群生地。すでに遅かろうと期待していなかったが終盤とはいえまだまだ見応えがある。方向転換は吉の予感。

自然観察路に足を入れると右に左にカタクリのオンパレード。檻の外から見るもどかしさはあるが、間近にも咲いているので充分に満足できる。見上げればミツバツツジに山桜、新緑も奇麗で誰かが言ったように『山笑う』ように浮き浮きとしてくる。

山頂下のカタクリも見て、ツツジ園を見下ろすデッキでお昼としよう。時折太陽が雲に隠れ冷たい風が吹くが、そこは我慢。大和葛城山に来てこのデッキで寝そべらない手はない。しばし微睡んでダイトレを水越峠に下ろう。おっと、下のデッキ周辺のカタクリも見逃してはなるまい。ツツジが盛りの頃にはかろうじて咲き残った数株を見るのみだが、盛期にはあちらこちらで生き生きと咲いており、こちらは檻の中に入って楽しめる。