青空いっぱい、霧氷ちょっぴり、穏やかな穏やかな、金剛山

2016-02-18

boo

水越川公共駐車場8:20〜セト9:55〜国見城址10:20...11:40〜大日岳11:50...12:05〜太尾塞12:30〜水越川公共駐車場13:45

春一番が吹いたかと思ったら寒気が入ってここ2、3日麓から見る金剛山は真白である。週末まで待っていると時機を失しそうなので、休みを前倒しして行ってみよう。朝からお日様に恵まれて、落ちないでくれ〜と祈りつつ青崩道。先週の扇山激登りルートに懲りて相方からはオーソドックスな道しか行かないと釘を刺されてしまった。ま、ほとぼりが冷めた頃にとぼけてどこかに誘い込んでやろう。すぐに薄らと雪景色になって気分は爽快。セトまでのんびりと歩いたが、あまりのお天気の良さに霧氷が早く溶けてしまわないかと心配になり、ここで先行させてもらう。

登りではアイゼンも必要なく新雪を踏みしめて国見城址。かろうじて残ってくれた霧氷に青空がとても嬉しい。相方を待って文殊尾までお散歩。日陰はそこそこ残ってはいるもののこちらもほとんど消え入る寸前。でも、かろうじて残ってくれた霧氷に青空がとても嬉しい。国見城址に戻ってお昼ご飯。風も無く穏やかで春のような金剛山頂。のんびりと楽しませてもらいました。

帰ってからが面倒なので、アイゼンを使わなくても済みそうな下りのルートは・・・と、太尾塞からガンドガコバ林道がよさそうである。大日岳の霧氷はほとんど無くなっているが、雪たっぷりで人も少なめでしばらく遊んでしまった。無事ガンドガコバ林道に着地して、あとは長い長い林道歩き。金剛の水のベンチは雪に埋まっていたので水越峠直前のベンチまで我慢して小休止。今日は春のような陽気の中、霧氷と青空を楽しめて大満足。