昨日の金剛山は真白だったので、とにかく金剛山

2016-01-21

boo

鳩原8:43〜高瀧弁財天8:51〜小深の里9:11〜千早登山口9:48..9:53.〜カトラ入口10:18〜72番電柱11:11〜大日岳11:20...11:24〜国見城址11:35...11:47〜展望台12:25...12:30〜国見城址12:55...13:07〜千早登山口14:00...14:12〜鳩原15:10

昨日、散歩の途中から見える金剛山は雪に覆われている。これは行かなくては! ちょうど仕事は一段落したところなので臨時休業。近場なので早起きしなくていいのが金剛山へ行く大きなメリット。スケールの違う鈴鹿や台高へ行きたいのはやまやまだが、チェーンしか無いので寒気が入ると遠くへ行くのには二の足を踏んでしまう。さて、今日は車は家内の占有。時間を調節してもらって鳩原まで送迎してもらう。これで往復1時間半のショートカット。いつものように高瀧弁財天に参拝。

いつものように千早登山口の川原で一服。いつものように吊るし柿を食べようとしたら、うっかりと忘れ物。気を取り直してカトラ入口へと向かう。今日の予定はワサビ谷左岸尾根から青崩道72番電柱を目指す。カトラ入口を入ってすぐにワサビ谷左岸尾根への取り付きがあって見上げるばかりの急坂で、雪に足を滑らせれば谷底まで転げ落ちそうである。

急坂の植林帯を抜けると自然林。徐々に霧氷も付きだして青空も垣間見える。いったんカトラの水場上まで下って上り返すつもりでいたが同じような景色だろうと思い直して、溶けないうちに早めに大日岳に向かうことにする。

大日岳で遊んで国見城址で少し早いがお昼ご飯第一弾。手っ取り早く握ったおかかたっぷりのおにぎり1個とどら焼き1個。

今日は風もなく穏やかで着替えをするのを面倒がったら、休憩していると汗で身体が冷えてくる。さっさと立って文殊尾根の霧氷を見て遊歩道を千早園地に向かう。

展望台からは期待したほどの白い世界ではない。わざわざここまで来ることはなかったと少々後悔。

再度国見城址へ戻ってお昼ご飯第二弾。おかかたっぷりのおにぎり1個。心無しか霧氷も少し落ちたか溶けたように思える。下りは千早本道。登山口で小休止してあとは鳩原まで一直線。鳩原のいつもお世話になる無料休憩所で残りのコーヒーを飲んでいると家内のお迎え到着である。