高見山らしい高見山を楽しめた強風と吹雪の高見山

2014-12-14

boo

たかすみ温泉8:50〜高見杉9:35...9:40〜山頂11:00...11:30〜高見杉12:25...12:35〜たかすみ温泉13:15

紀見トンネルを越えると薄らと雪景色。ノーマルタイヤでは先行き不安(もちろん、チェーンの用意はある)・・・、も、東吉野村からたかすみ温泉への分岐まで橋梁上に少しの積雪があった程度。たかすみ温泉から雪のない登山道を歩いて行くとチラホラと雪が舞ってくる。高見杉避難小屋を過ぎると多くはないが絶え間なく降り続く。しかし、足下の積雪は少ない。国見岩辺りでは霧氷も見られるがまだまだ可愛いものである。息子岩を過ぎた辺りからは霧氷のトンネルも見られるようになり、青空はなくとも、強い風と身体に吹き付ける雪があろうと、テンションは上がる。ええ雰囲気じゃないか! 笛吹岩からの展望は全く無い。ここからがハイライトコース、は堪能する余裕もなく一目散に避難小屋に駆け込む。

家内手作りの助六とスープで腹を満たして一息入れたら、高角神社に参拝して避難小屋前の強風に身を曝して、青空なんてなんぼのもんじゃいと負け惜しみの悪態吐いて高見山の真骨頂を楽しもう。

霧氷のトンネルの中を駆け下りるのは、気持ちいい。時折立ち止まっては振り返る。帰るのが勿体ない。高見杉避難小屋で帰りも一服。なんだか来た時より雪が増えてない? 麓が見えるところまで降りてくると田畑が雪にすっぽりと包まれている。これは帰りは今季初のチェーンの出番かと思ったが、たかすみ温泉は一面の雪景色ながらも道路には積もっていない。たかすみ温泉から166号は銀世界の中の快走路だった。