エコエコハイクで旗尾岳〜府庁山(+延命寺)

2014-11-30

boo

自宅7:10〜旗尾岳登山口7:55...8:00〜旗尾岳8:40〜府庁山三角点9:40...9:45〜田山手前の鉄塔10:25...10:45〜クヌギ峠11:05〜鳩原11:20...11:30〜延命寺11:45...12:00〜自宅12:20

先週に引き続いて地球にも家庭にも優しい?エコエコ(Ecology & Economy)ハイキング。今日はお昼までに帰ってこなくてはならないので旗尾岳〜府庁山〜田山の裏山半周コース。ここに学文峰〜井谷の峰〜叶山、叶神社を加えると六山三峠一神社のフルコースで一日たっぷりと遊べる。旗尾岳は初めての関電道から取り付く。千早口から天見までの南海軌道敷跡遊歩道からは何本かの山中へと誘う小道が口を開けており、千早口から三つ目の開口部にテープと道標を見つける。沢に沿って少し入ると舗装された林道跡。さらに少し進むと林道は進入を躊躇うほどの草に覆われており、突入するか引き返して天見駅の裏から取り付くか・・・と、頭をかすめたのも束の間。右手に登山道を見つけて一安心。ひと登りで突き当たると右手に鉄塔。展望は開けていないがここへ直接上ってくる道もあるのかもしれない。さて、突き当たりを左にとって次の鉄塔は少し展望が開けて岩湧山も望める。

ここから次の鉄塔までは半端でない登りで、天見駅の裏からの道と合す。少し展望を楽しみ、急坂を上ると展望の無い旗尾岳山頂。すぐに山頂を離れて樹木に覆われた暗いアップダウンの道を府庁山へと向かう。府庁山手前の鉄塔下は大きく展望が開けて大阪湾の向こうに六甲の山並みが見え、気持ちいい。ここまでクモの巣トラップにかからないようストックを振り回して脚よりも腕が疲れきっている。しかし、ここから府庁山まではさらなる危険ゾーン。一踏ん張りして辿り着いた府庁山三角点は、しばらく振りで様相一変。以前はお弁当広場だったが、今はその面影もない。

小休止して回復した腕を振り回し始めたら、前からご夫婦。やったー、これでクモの巣トラップから解放である。たんたんと落ち葉の積もった小道を歩いて、このコース一番の展望が開ける田山手前の鉄塔下。お天気がいいので20分もひなたぼっこ。ただ残念だったのはこの先にあった金剛・葛城が見渡せる切り株レストランからの景観が樹木の生長で遮られてしまったこと。さー、急がないとお昼まで帰れない。すぐ先の田山の山名板を見て激下りに下ってクヌギ峠に着地。足下がゾクゾクする丸木橋を3本渡って鳩原の休憩舎で少し休んで延命寺。このまま直帰すると12時に間に合いそうだが、延命寺前に居て延命寺に寄らない訳にはいくまい。と、入ってよかった・・・蓮池辺りはまだまだ見事。20分ほど予定オーバーしたが晩秋のいい半日であった。

奥に岩湧山、手前の山は旗尾岳

今年の初物、吊るし柿をいただく。全部で43個、美味しく干し上げられました