三たび、金剛山

2005-10-16

boo

今回は和歌山・北宇智方面からの登山予定であったが前日(15日)の大雨で念仏坂コースに変更。それに今年は2回もハチに刺されているのと大量発生のニュースにビビッてしまっている。

そんなわけで、人通りの多い広い道を取る事にした。麓の駐車場に着いたのは10:20分、同行の知人が地域の清掃で時間を取られ少し遅い出発となった。

二度目の道とあって足取りも軽い。初めての山登りの時は金剛山なんて登れるの?という不安で喘ぎながらまだかまだかと思ったものだが、今回はあっけなく伏見峠。ところが、なのだ。写真を2,3枚撮ったところで電池切れ、予備の電池に替えると、これが既に使い切ったのを誤って持ってきてしまっていた。ありゃ?

で、滅多に使ったことのない携帯カメラを駆使。画像の悪いのは腕のせいじゃありません、と道具に責任転嫁。でも、本当に上手な人は道具を使うので、道具に使われてるようじゃ底が知れている。閑話休題。まだ紅葉は早いせいか、思ったより人出は少なかった。あと、ひと月ぐらいしてからかな、色づくのは。

今回は総勢5人という大所帯。人が集まればお決まりの山頂広場で小宴会。千鳥足での下山となってしまった。それでも、シバグリ(ちょっと遅かった!)、グミの実、あけび、沢ガニ・・・と秋の気配を満喫。ナナカマドの紅葉、名の知らぬ山の花もあったが、ついつい口に入れられるものに興味がいってしまう。

さて、のんびりしすぎて駐車場に戻ったのは15:30分。長居したようだ。家に帰って飲み直しの食べ直しで結局体重は1kgあまりの増量。たまには、いいかー。と盛り上がって、ひと月後の北宇智からの金剛山を約して散会。(次回は温泉+焼肉屋ということで2kg増量に挑戦しなくては)