高野山のあじさい

2005-07-13

boo

そろそろ梅雨明けかと思われる7月13日。下界のあじさいは見頃を過ぎたが、雲上界では・・・と思い高野山まで一走りしてみた。河内長野から1時間あまり。下界のうだるような暑さをひとときでも忘れる涼やかな空間を楽しめた。世界文化遺産に指定された壇上伽藍とその周りだけの散策であったが、今回高野山に来たのには訳がある。河内長野にもその面影を残す高野街道。高野街道を行き着けば九度山町の慈尊院。そこから続く町石道の表参道。そう、その慈尊院から高野山までの町石道を今秋辿ろうという計画で、その達成祈願に訪れたわけである。お手軽に車で・・・。

町石道完全踏破で無事大門の両脇に構える金剛力士像が出迎えてくれますように。合掌。

さて、花より団子で、今回のもう一つの大きな目的は「麩善」の「笹巻あんぷ」なのだ。熊笹で包み込んだ笹巻あんぷを開くと笹の香りが懐かしい。かぶりつけば、よもぎを混ぜた麩とあんの絶妙な味と口あたり。食後の至福のひとときである。