南天の道を行く

2004-12-20

boo

年末の慌ただしい中、近頃の運動不足解消にと美加の台から天見の蟹井神社まで足を伸ばしてみた。小さな集落を過ぎると今は遊歩道になっている南海電車の旧軌道敷と平行して細い生活道路がある。その道沿いに結構な存在感で小さな行をとる滝と祠がある。

テクルートの一部なので標識完備の昔懐かしい田園風景が広がる道だ。「天見の実南天」は有名だが、この遊歩道ぞいにも到る所に植えられている。ちょうど正月用に出荷するのか、漢方の薬に使うのか、日曜日ということもあって子供も交えての家族総出で収穫していた。

天見の駅から蟹井神社までは10分少し。その間には竹で組んだベンチも用意されていてちょっとした休憩ポイント。このベンチに座って飲むお茶はまた格別の味。蟹井神社へは急階段を上る。登りきって振り返ると、やっぱり凄い! 高所恐怖症だからひざが震える。

境内は掃き清められてとっても清々しい。なんか地元で大切に守られているのが感じられてうれしい気分になる。近くを通ったら、何回でも参拝したい雰囲気がある。帰りは電車に乗るつもりが歩いてしまったので、あ〜、しんど。