晴れの予報を待ちに待っての、大山。の筈が・・・

2014-09-13

boo

南光河原駐車場4:10〜六合目5:40…5:50〜山頂6:40…7:00〜元谷分岐8:00〜元谷8:55…9:00〜大神山神社9:15…9:20〜南光河原駐車場9:40

夏の夜間登山を楽しみにしていた大山。ところが週末なかなかいい機会に恵まれないまま9月に入って、やっと3連休は良さげな晴れ予報。連休初日を選んで4時過ぎのスタート。ご来光には間に合わないが六合目避難小屋までは夜道のいい雰囲気。時折樹間越しに米子の街の灯りが見える。が、ん…、駐車場では奇麗な星空が見えていたのに、見上げると厚い雲に覆われてきている。麓も見えなくなってガスに包まれだしたみたい。途中で仕入れた廿世紀梨を食べた六合目では、山頂に着けばガスも流されるだろうと楽観。しかし、七合目付近からの大絶景は見られず、残念。しんどいだけの登りがつづく。

140913a02

140913a03

140913a04

140913a05

九合目では一瞬青空が顔を見せてくれ大いに期待したが、ガスは深まるばかりである。山頂からも避難小屋が微かに見える程度。ご来光目当ての若者は1時間粘ったが諦めて下山すると、無念そうであった。寒いので小屋に入って朝飯とする。小屋の中は大盛況だが、晴れていい景色を見た時のあの高揚感に包まれた雰囲気はない。

140913a06

140913a07

140913a08

140913a09

このガスの中、木道周回路を通っても仕方ないので最短コースを久し振りに下る。九合目まで早くて楽チンである。さて、ここからは上り下りの擦れ違いで渋滞があちこちで発生する。六合目まで下ってもまだガスの中。やっと五合目近くまで来て弓ヶ浜が奇麗に見えるようになった。今日はさっさと帰ろうと思っていたが、次から次にたくさんの方が登って来られるので元谷分岐からのんびりコースへと迂回する。ブナの巨木、真っ赤に色付いたナナカマドの実が急階段の辛さを和らげてくれる。

140913a10

140913a11

140913a12

140913a13

140913a14

140913a15

140913a16

元谷からは豪円山に分けられた真っ青な日本海。仰ぎ見れば大山北壁。七合目から九合目にかけての稜線には登山者の列が点々と見える。天気予報には裏切られ山頂からの展望には恵まれなかったものの、つまりはいい山歩きであった。帰りは倹約して9号線。大山ICへの下りからは日本海の大海原の彼方に隠岐の島。爽快な下り道である。昼ご飯に立ち寄った「お魚センターみくりや」からも少しだけ隠岐の島。海岸線からも隠岐が見えるんだと新たな発見である。

140913a17

140913a18

140913a19

140913a20

140913a21

140913a22

140913a23


最近の山歩き

Copyright(c) 2012 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.