釈迦・猫・ハト・金・水晶、大展望の鈴鹿の稜線を歩く

2017-06-03

boo


朝明渓谷駐車場7:50〜鳴滝コバ8:41…8:53〜迂回路迷走9:25…9:37〜釈迦白毫9:52〜キレット10:00…10:10〜釈迦ヶ岳最高点10:14〜釈迦ヶ岳三角点10:20…10:28〜猫岳11:03〜ハト峰11:50…12:10〜金山12:20〜中峠12:52…13:05〜水晶岳13:25…13:30〜根の平峠13:48…13:50〜朝明渓谷駐車場14:40

根の平峠以西はよく出かけるが、釈迦ヶ岳のキレットのガレのよく見る写真に高所恐怖症はビビって敬遠していたので、根の平峠から東へは行きたいと思いつつもその機会がなかった。ところが先々週に雨乞岳に登り鈴鹿7山に色気が出て、意を決しての釈迦ヶ岳である。後で気が付いたが7山に御池岳が含まれて釈迦ヶ岳に登ると鎌ヶ岳を残すのみと思い込んでいたら、御池岳ではなくて入道ヶ岳だったみたいで、モチベーションがぐっと下がってしまった。さて、釈迦ヶ岳へは中尾根を行く。駐車場の目の前から山腹道に入り堰堤を越えるとすぐに中尾根登山口。平和な尾根はすぐに痩せて岩混じりの急登となる。御在所岳と国見岳が望める鳴滝コバでいつもの冷凍保存しておいた吊るし柿を食べて一服。いい具合に解凍されて柔らかい。鳴滝コバから30分ほど、岩場の迂回路の標識。何を迷ったのか、迂回路へ進むつもりが岩場に向かったようでなんとも険しくなってくる。これはいかんと迂回路方向に戻れそうな斜面を下って踏み跡発見。迂回路終点から振り返れば凄い岩場である。無理して突き進めば立ち往生間違いなし。それにしてもあの標識、どちらが迂回路か紛らわしかったような、ただ判断力が欠如していただけなのか?

170603a01

鳴滝コバ

鳴滝コバ



170603a03

170603a04

今日は伊勢湾がよく見えた

今日は伊勢湾がよく見えた



170603a06

直進すればいいものを、ここで迷走

直進すればいいものを、ここで迷走



松尾尾根との合流する釈迦白毫を過ぎてキレット手前の展望の良いところに立つと、身体を持っていかれそうな凄い風が吹いている。キレットへの不安が高まるが、(写真で)見ると(目の前で)見るとは大違いで、下りは滑りやすそうで歩き辛いが恐怖感はほとんどない。キレットを越えたところでホッと一服。ひと登りすれば釈迦ヶ岳最高点。ここから三角点までの展望が素晴らしい。今日は風が強くやや肌寒いが見通し抜群で、伊勢湾の全景から残雪の御嶽・乗鞍もよく見える。中央アルプス、南アルプスらしき山並もあるが確信は持てない。新緑の山麓から伊勢平野、伊勢湾へと続く景色は飽くことがないが、まだまだ先は長い。これからが楽しみの鈴鹿の稜線歩きである。

170603a08

170603a09

170603a10

170603a11

170603a12

170603a13

鮮やかなヤマツツジがところどころに

鮮やかなヤマツツジがところどころに



170603a15

御嶽山

御嶽山



釈迦ヶ岳からはシロヤシオのトンネルである。今年は裏年だったようだが満開の頃に歩いてみたいものだ。ベニドウダンも少し残っている。イワカガミも多く見られ、それぞれの季節は素晴らしいに違いないと思われる。ここからの稜線は来てよかったと思わせる美しい道。キレットが対面から見渡せ登山者も見える。琵琶湖もあちこちから見え、曇っていた空も青空が広がってくる。気分爽快である。

ベニドウダン

ベニドウダン



170603a18

ここからが至福のひととき

ここからが至福のひととき



猫岳へ

猫岳へ



170603a21

登山者も見える

登山者も見える



170603a23

170603a24

170603a25

170603a26

170603a27

箱庭のような稜線を進むと、巨人が手慰みで作ったような砂山。ここでセブンイレブンの100円おにぎりで昼ごはん。展望の良いところに陣取ったのはいいが風をまともに受けて、寒い。コーヒーブレイクは次の中峠までお預けである。中峠で温かいコーヒーを飲んで次は水晶岳。水晶岳の分岐辺りはサラサドウダンとベニドウダンが満開。思わぬプレゼントである。あとは一気に根の平峠まで下って、通い慣れた道を朝明渓谷駐車場目指すのみ。

ハト峰

ハト峰



170603a29

170603a30

170603a31

170603a32

170603a33

170603a34

中峠

中峠



サラサドウダンも満開

サラサドウダンも満開



170603a37

170603a38

170603a39

170603a40

170603a41

170603a42

170603a43

根の平峠

根の平峠


最近の山歩き

Copyright(c) 2012 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.