鈴鹿連チャンの壱・羊が眠る前、強風の竜ヶ岳

2014-10-17

boo

宇賀渓駐車場8:05〜遠足尾根取付8:30〜展望岩場9:50…9:55〜尾根に乗る10:17〜竜ヶ岳山頂11:21…11:28〜昼食11:45…12:15〜金山尾根分岐12:20〜金山尾根取付13:50〜宇賀渓駐車場14:27

竜ヶ岳の天気予報は、風は強いものの晴れマークが並んでいる。西名阪ではお日様が出て青空だ。さて、肝心の鈴鹿の麓に近付くと、山の上には雲の塊。イヤ〜な予感がしてガラ空きの宇賀渓駐車場。遠足尾根に取り付く前からポツリ、ポツリと水滴が顔にかかる。空は雲に覆われてしまっている。こんな筈ではなかったのに〜と、ぼやきながら急坂を上るしかない。展望の開ける岩場まで来ると少し青空が出て、伊勢湾、竜ヶ岳山頂が見えるようになる。ホッとして小休止。

141017a01

141017a02

141017a03

141017a04

141017a05

尾根に乗るとトリカブトが咲き残って、ここからはしばらく自然林の中を進むと、目の前がパッと開けて笹原が広がる稜線が見渡せる。振り返れば麓に広がる大パノラマだ。気持ちええじゃないか。遠足気分で鼻歌も交えながらの稜線漫歩である。360度広がる景色、眼前に竜ヶ岳、左右には鈴鹿の名だたる山並み。また来ようと、つい思ってしまう。

141017a06

141017a07

141017a08

141017a09

141017a10

141017a11

141017a12

141017a13

141017a14

141017a15

141017a16

141017a17

141017a18

山頂での昼飯を楽しみにしていたが、風が強すぎる。雲も多く日差しが挿したと思えばすぐに雲に隠れるを繰り返し、展望だけを楽しんで下山。シロヤシオの林の中の窪地で風を避けて、チキンラーメンと醤油めしを掻き込む。下山は金山尾根。ほとんど急坂の連続だが、少し開けた林の切株に腰掛けてコーヒータイム。デザートはたねやのドラ焼き。老朽化の進んだ魚止橋、白滝吊橋を怖々渡って竜の雫でさっぱりして、駐車場で下山届けを出して普段なら一路我が家を目指すのだが、今日は贅沢にも鈴鹿でお泊まりである。宇賀渓から1時間足らず、今宵のお宿は高取山ふれあい公園キャンプ場。

141017a19

141017a20

141017a21

141017a22

141017a23

141017a24

141017a25

141017a26

141017a27


最近の山歩き

Copyright(c) 2012 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.