アカヤシオ満喫の国見岳、ハライドではシロヤシオも咲き出した

2014-05-02

boo


朝明渓谷駐車場7:22〜ブナ清水分岐8:25…8:30〜ブナ清水9:10…9:25〜キノコ岩9:50…10:05〜青岳10:10…10:15〜国見岳10:35…10:40〜石門10:45…10:52〜腰越峠12:52…13:00〜ハライド13:15…13:35〜朝明渓谷駐車場14:30

高速道路無料化どころか割引まで有耶無耶にされてますます遠くへは行く気が失せたが、鈴鹿のアカヤシオは今年は当たり年らしい。仕方ない、行ってやろう。いつもは鈴鹿ICまで東名阪。せめて復路は高速代を倹約しようと初めて下の道を走ると以外にスムーズ。往復とも東名阪を使うことはなかったみたい。
さて、駐車場から見上げると山腹は新緑の中に赤い絵の具をまき散らしたよう。これは期待が持てそうである。イワカガミ(2,3箇所しかまだ咲いていなかった)とミツバツツジに彩られた新緑の中を根の平峠に向かって進む。

140502a01

140502a02

140502a03

140502a04

140502a05

ブナ清水分岐で小休止して芽吹き始めた自然林の中へ迷い込むように誘われると、そこは別天地。踏み跡に沿って辿り着いた先は伊勢谷の源流となるブナ清水。しばし静寂の地で解凍して柔らかさを増した干し柿をいただくおやつタイム。

140502a06

140502a07

140502a08

140502a09

140502a10

ブナ清水を後に尾根に乗ると、おおっ、アカヤシオのお出迎えである。青空が広がり花付きもいい。四方八方にアカヤシオに囲まれてヤシオ尾根からキノコ岩。まだまだ蕾も多いが、十二分に満足である。

140502a11

140502a12

140502a13

140502a14

140502a15

140502a16

国見尾根の山腹に点在するアカヤシオがちょうど見頃で、まずは青岳から時間をかけて展望を楽しみ、次の岩場からも、また次の岩場からもとなかなか先に進まず、やっと国見岳。稜線が真っ赤に染まるのはもう少し先のようだ。時間と予算が許せば来週末にももう一度来たいものだが、さて?

140502a17

140502a18

140502a19

140502a20

140502a21

140502a22

140502a23

御在所岳までピストンするつもりが、頂上付近はまだ蕾状態みたいだったので行くほどのこともなかろう。とりあえず石門で遊んでその先の展望のいい岩場で昼飯を食べて引き返そうと行ってみるが、ここからはアカヤシオがあまり見えない。で、戻って国見岳の少し下の岩場へ。ここは絶景。キノコ岩を取り囲むアカヤシオも奇麗だ。ところが落ち着くには風が強すぎる。折角の好位置に別れを惜しんで、さらに下る。

140502a24

140502a25

140502a26

140502a27

140502a28

140502a29

少し下っただけで、方向にもよるのだろうが風当たりも弱くなる。国見尾根も対面に見えて絶好の休憩ポイント。今日は暑い一日を覚悟してきたが、程よい風を受けると気持ちがいい陽気である。昼飯を食べて立ち上がるのも嫌になるほどの時間を過ごす。御在所岳に寄らない分、時間には余裕がある。

140502a30

140502a31

140502a32

青岳、キノコ岩、ブナ清水分岐を見送ってヤシオ尾根をハライドに向かえば、その名の通りにアカヤシオが右に左にその奥に。腰越峠への急峻な下りからはハライドのアカヤシオが垣間見れ、まさにアカヤシオロードである。

140502a33

140502a34

140502a36

140502a37

140502a38

140502a39

腰越峠で一服してハライドへの登りに備え、一気にガレ場を山頂へと目指す。家内と倅は振り返っては展望を楽しんでいるが、高所恐怖症には目の毒で、四輪駆動で一気呵成に樹木のある安全地帯に潜り込んではチラッと景色を覗き見る。しかし、目の端に入っただけでもアカヤシオいっぱいでとても奇麗。

140502a40

140502a41

140502a42

140502a43

140502a44

140502a45

140502a46

140502a47

140502a48

140502a49

140502a50

140502a51

140502a52

140502a53

140502a54

140502a55

ハライド山頂は身体を持って行かれるほどの強風で、風を避けて少し奥まった展望地でコーヒータイム。ここからは釈迦ヶ岳は見えないが、鎌ヶ岳、御在所岳、国見岳と今下ってきたヤシオ尾根がよく見える。アカヤシオいっぱいの中を下るとすぐにハルリンドウの群生地。時期が早いのかまだそれほどたくさんという感じではなかった。下るにつれミツバツツジがあちらにもこちらにも咲いている。アカヤシオに隠れた感はあるが見事なまでの美しさである。また、シロヤシオも数株咲いているものがあった。紅白のヤシオが見られたのでお目出度いことがあるといいなぁ。

140502a56

140502a57

140502a58

140502a59


最近の山歩き

Copyright(c) 2012 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.