福寿草は残念だったが、冬の花と大展望に満足した霊仙山

2012-03-20

boo


槫ヶ畑登山口7:40〜汗拭峠8:04〜落合8:40〜今畑登山口8:48〜笹峠9:45〜近江展望台10:48〜最高点11:48〜鞍部昼食11:53…12:29〜霊仙山12:38〜経塚山13:04〜霊仙神社13:24〜汗拭峠14:37〜槫ヶ畑登山口15:00

この飛び休はお天気が悪いということで引き蘢るつもりが火曜日は天気好転とか。せっかくの機会を逃すのももったいないので、あれこれ迷ったあげくに霊仙山。霊仙山は4月に福寿草狙いで行くつもりで今日は予習不足だが、まあなんとかなるだろうという甘い気持ちがいけなかった。さて、主な登山口は槫ヶ畑と今畑にあるらしい。高速を使えばより早く着けそうな槫ヶ畑登山口へは醒ケ井養鱒場までは道路状況はいいが養鱒場を過ぎると路面はいいものの落石が多い。槫ヶ畑登山口から汗拭峠〜今畑〜汗拭峠と一周したわけだから、時間はかかっても今畑登山口にすればよけいな出費をすることはなかった。

槫ヶ畑登山口

槫ヶ畑登山口


槫ヶ畑登山口には5台目のご到着。登山口からしばらくは分かりやすい道だが「山小屋かなや」が近付くと不明瞭になって少しウロウロする。ここは石積みの平地に上がらず小屋めがけて直進(この時は雪溶け水で沢のようになっていた)するのが正解のようだ。「山小屋かなや」から少し汗を掻いたら汗拭峠。ここでGPSを入れ忘れていたのに気付いて測定開始。最初からなんとも締まらない話しである。河内風穴の道標に従って下りの道に入り大洞谷に沿って落合廃村跡を目指す。2ヶ所ほど崩落して足下の狭い箇所もあって高所恐怖症にはちと辛いところもあるが雪溶け水で水量豊かな沢は奇麗である。ところどころに残った残雪を踏みしめて落合に着くと、今畑登山口までは車道を歩くことになる。

山小屋かなや

山小屋かなや


汗拭峠

汗拭峠


こんなところは歩きたくないなー

こんなところは歩きたくないなー


落合廃村跡

落合廃村跡


今畑登山口からは登山者も増えて今畑廃村跡を過ぎ植林帯を抜けると気持ちのいい自然林の中である。新緑、紅葉の季節はさぞよろしかろうと思うが、今日は雪も無い冬枯れの中。青空だけが取り柄である。笹峠(らしきところ)まで来ると3週間前に雪の世界を満喫した御池岳。ここでしばし休憩である。ここから眼前に聳える近江展望台までの上りは大したことはなさそうに見えたが、登りかけたとたんにグチャグチャドロドロの道に足を滑らしてズルッ、クルリ、ズルッと派手に転倒して滑り落ちる。幸い周りの岩にぶつかることはなかったがザックに吊るしたアイゼンに頭を撃たれ服は見るも無惨な姿となった。あ〜あ、と、気を取り直して登りに掛かるが・・・この斜面は高所恐怖症にとっては展望の素晴らしさどころではない、恐れ戦いて登る苦難の道のりである。視界を妨げるものが無い、琵琶湖まで見渡せる高度感に恐怖が全身を覆う。こうなると恥も外聞も、無い。四足歩行の四輪駆動で視点は足下と手元のみ。一気に這い上がる。普通の人なら上るに連れて移ろう展望に歓声を上げながらの気持ちのいい登りなんだろうなあ。家内と倅は景色を楽しみながらのんびりと上がってくる。損な性分であるが、こればかしはどうしようもない。

今畑登山口

今畑登山口


今畑廃村跡

今畑廃村跡


笹峠から見る御池岳

笹峠から見る御池岳


近江展望台へは麓から見る限り大したことはないと思っていたのだが・・・

近江展望台へは麓から見る限り大したことはないと思っていたのだが・・・


振り向きもせずにやっとの思いで上り切る

振り向きもせずにやっとの思いで上り切る


上るに連れ琵琶湖が視界の中に。雪を冠った奥比良の山並みが美しい

上るに連れ琵琶湖が視界の中に。雪を冠った奥比良の山並みが美しい


景色を楽しみながらのんびりと上る家内が羨ましくも、恨めしくも

景色を楽しみながらのんびりと上る家内が羨ましくも、恨めしくも


近江展望台は狭くて岩だらけの落ち着ける場所ではないが360度の大展望が広がる。とにかく今日は晴れ、見通しもまずまずで、琵琶湖とその奥の雪をいただいた比良山系、御池岳、伊勢湾、伊吹と背後の雪の連山と、飽くことの無い展望が楽しめる。近江展望台から霊仙山最高峰にかけてはカレンフェルトの尾根を残雪のか細い踏み跡がつづく。これが厄介で踏み抜くと岩と岩の間にズボッ。ボタンブチのようなところもあり長くつづく尾根はまさに稜線散歩(残雪期は足下注意で漫歩とはいかないが)の気分。肝心の福寿草はといえば、見当たらない、見つからない。やっと見つけたのが莟の一輪。ま、これだけの青空と展望に恵まれたのだからそれ以上の欲は掻くまい。

近江展望台。展望は素晴らしいが落ち着ける場所ではない

近江展望台。展望は素晴らしいが落ち着ける場所ではない


近江展望台から霊仙山最高峰への稜線。残雪期は踏み抜き注意

近江展望台から霊仙山最高峰への稜線。残雪期は踏み抜き注意


こんな広々したところもある

こんな広々したところもある


きもちいいネー

きもちいいネー


一つだけ見つけた福寿草

一つだけ見つけた福寿草


琵琶湖と比良山系、つい写真に撮りたくなる

琵琶湖と比良山系、つい写真に撮りたくなる


福寿草には縁がなかったが、思わぬ目の保養

福寿草には縁がなかったが、思わぬ目の保養


青空背景に透き通っとります

青空背景に透き通っとります


先行するご夫婦。今年は福寿草は遅いですとおっしゃられて・・・

先行するご夫婦。今年は福寿草は遅いですとおっしゃられて・・・


霊仙山最高峰からは右手に伊勢湾、左手に琵琶湖となんと陸地の狭いこと。そろそろ昼時だが山頂付近は風が強い。少し下った鞍部でラーメンと昨晩に炊いておいたかやくご飯。かやくご飯は冷めても旨いし前夜にパックに詰めておけば当日は手間要らず。霊仙山三角点からの眺望も素晴らしい。しかし、風はここが一番強そうだ。よく見ると岩陰に隠れてあちこちでみなさんお食事中。我慢ギリギリまで粘って風景を楽しんで、そろそろ帰るとするか。経塚山までは明瞭。この先よく分からないが残雪に残る踏み跡が強い味方。ガスがかかれば無論、漫然と歩いていると迷ってしまいそうなところである。

霊仙山最高峰から伊吹山

霊仙山最高峰から伊吹山


霊仙山最高峰から霊仙山三角点

霊仙山最高峰から霊仙山三角点


腹ごしらえを済ませて霊仙山三角点へ

腹ごしらえを済ませて霊仙山三角点へ


霊仙山三角点

霊仙山三角点


霊仙山三角点から

霊仙山三角点から


霊仙山三角点から琵琶湖と伊吹山

霊仙山三角点から琵琶湖と伊吹山


霊仙山三角点から西南尾根

霊仙山三角点から西南尾根


経塚山から伊吹山

経塚山から伊吹山


氷結したお虎が池を見て霊仙神社に参拝して近くの岩場に腰を下ろしてコーヒーでほっと一息。霊仙山ともお別れである。一部グチャグチャドロドロ道に難渋して汗拭峠。槫ヶ畑登山口に帰ってくると全員足下は泥まみれ、オヤジは全身泥まみれ。熱さも喉元過ぎればナントカで、いや〜、楽しい一日であったことか。

お虎が池。横の霊仙神社に参拝して道中祈願

お虎が池。横の霊仙神社に参拝して道中祈願


コメント14件

  • 段平 | 2012.03.21 23:33

    貴重な情報ありがとうございます。
    もう雪も少なくなりましたね。
    昨年私は時計回りで同じコースを回りましたが
    反時計回りとは、廃村からの急坂、お疲れさまでした。
    近江展望台付近の福寿草のお花畑は未だ少し先の方が良いようですか?。
    今週末では早すぎますか??。

  • 団子 | 2012.03.22 8:45

    おはようございます。
    比良山系や湖東は、まだまだ冬山ですね。お疲れ様でした。

    真っ青な空の霧氷が美しいですね。
    しかし 寒そうですね。
    風で体感温度はかなり低かったのではありませんか。
    寒がりの私には。。。ちょっと(笑)
    経塚山と言うのがあるんですね。今、一番気になる名です(笑) 

  • 産六 | 2012.03.22 13:23

    段平さん、こんにちは。
    思っていたよりも雪は少なく西南尾根は踏み抜きが怖くて歩き辛かったです。
    下に隠れているのが尖った岩ですものね。
    私にはとても時計回りは無理でしたね。
    あの高度感はもうこりごりなので今度は西南尾根まで行っても槫ヶ畑コースをビストンします。(^^;

    出会った方の話しだと今年も随分遅そうで、4月まで待たれてほうがよさそうですね。
    私も4月のつもりが天気に誘われて勇み足したみたいです。

  • 産六 | 2012.03.22 13:35

    団子さん、こんにちは。
    山頂までは長袖にベスト1枚でも暑いくらいだったんですが、頂上台地は寒い風が吹いてました。
    それでも真冬に比べると我慢できる時間が延びましたね。
    これからは荷物も軽くなってうきうきと歩ける季節がしばらくつづきますね。

    奇しくも経塚山ですね。
    その時は全く只の通過点の地名としか思っていませんでしたが、こちらもそれなりの謂れがあるのでしょうね。

  • 蜻蛉 | 2012.03.22 22:29

     思わず自分の過去記事を読みました・・・
    2010年の3月22日に登った霊仙山・・・

     産六様の動画と画像を眺めて記憶を取り戻しました。
    懐かしいでございます。しかし今回の方が雪の量が多いような感じでございます。

     青空に雪景色!最高です!!

  • 産六 | 2012.03.23 8:13

    蜻蛉さん、おはようございます。
    そうなんですよ。霊仙山の名前を初めて知ったのは蜻蛉さんのその記事なんでした。
    お互いドロドロ道には難渋して福寿草は空振りでしたが、青空と雪景色には恵まれたみたいですね。

    鈴鹿はエエとこです。エエとこを教えてもらいました。

  • yas94086 | 2012.03.24 12:10

    20日は良い天気でしたよね。出勤になったので、よく覚えています。
    遠くまで遠征?されたのに雪割草は残念だったと思いますが、大展望は素晴らしかったですよね。
    さらに素晴らしい透明の樹氷も楽しませてもらいました。
    また、登りたい山が一つ増えました!
    でも、忙しくて忙しくて... (´;ω;`)

    全身泥まみれでも「いや〜、楽しい一日であったことか。」最高ですね。私も次の山登りが楽しい一日になることを楽しみに仕事を頑張ります。

  • 産六 | 2012.03.24 15:20

    yas94086さん、こんにちは。
    鈴鹿はこちらからは結構遠いのでガソリンが上がっているのが辛いところです。
    鎌ヶ岳も竜ヶ岳も雨乞岳も行きたいところがいっぱいなんですけどねぇ。
    これからしばらくは近場で我慢しときます。(笑)

    20日は(も)ご出勤でしたか。
    忙中閑ありで登られる山は密度が濃くてそれはそれは素晴らしい山行になると思います。

  • アンニョン | 2012.03.26 8:40

    お久しぶりです
    1週間、横浜に滞在しあちこち出かけました。
    伊豆の天城山からきれいな富士山が見られました。

    山と高原地図の御在所・霊山・伊吹を持っていますが、
    登った山は伊吹山だけです。
    動画や写真を見ていて伊吹山周辺の様子がわかります。
    鈴鹿・湖東方面は遠くてなかなか行けません。

    雪割草って、まさに雪の残っているころに雪を割るようにして咲くのですね。
    この花は大阪近辺では見られないのですかね。

  • 産六 | 2012.03.26 9:30

    アンニョンさん、おはようございます。
    横浜遠征(?)お疲れさまでした。
    ご子息との会話も弾まれたことだろうと思います。
    関東の山は富士山が見えるのがいいですね。
    私も西伊豆から富士山を見た時は感動しました。(浜辺からですが)

    鈴鹿は遠くてしばらくは自重しようと思ってますが、低山の割には展望雄大で自然林も奇麗です。雪の季節は大峰に比べて入りやすいですし、一度行かれると虜になること間違いないかと。(というほど、出かけてるわけではありませんが)

    すいません。勘違いしていたようです。
    てっきり福寿草の別名かと思っていたら、雪割草は全く別の花のようですね。
    ハズカシー…

  • 紀州のカモシカ | 2012.03.26 20:48

    1000mを越すと雪も多く楽しそうです。
    今年行ってみたい山の一つに入りました。

  • 産六 | 2012.03.27 8:32

    紀州のカモシカさん、おはようございます。
    投稿していただいたのにすぐに反映されなくて申し訳ございません。
    引越でスパムメールを判断するツールをバージョンアップしてからなんか調子が悪いです。

    さて、南紀から鈴鹿は大変遠いですね。
    鈴鹿北部の広々とした風景は私もとても気に入っています。
    交通費を気にしなくてもいいなら毎週でも通いたいくらいです。
    あ、ヒルの時期を除いてですが。(笑)

  • hanasaku | 2012.04.01 9:46

    待望の福寿草には会えなかったようですが、
    いい下見になったのでは…
    産六さんが四つ足歩行したあの登り、高所恐怖症でなくてもビビりますよ
    次は今畑廃村からサクッと楽しんでください

  • 産六 | 2012.04.01 15:47

    hanasakuさん、こんにちは。
    突然の奇病(?)心配しておりましたが、ご回復のご様子ですね。
    原因が分からないというのはホント不安なもので。
    大変な時にコメントいただいてありがとうございます。

    今年はこれからですね、本番は。
    我が家は下見だけで終わりそうですけど…。
    hanasaku隊の福寿草、今年は霊仙山の巡りのようなので、
    そちらで楽しむことにさせてもらいます。
    少しはビビられると聞いて、ホッとした気分です。(と言うのもおかしいですね・・・^^;)

最近の山歩き

Copyright(c) 2012 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.