モノトーンの幻想、御池岳・テーブルランド

2012-02-26

boo


昨冬の御池岳を眼前にしての敗退のリベンジをこの冬こそはと期していたが、2月も最終週末を迎えるもその機会が無くほぼ諦めかけていた2日前、段平さんがリベンジ予定とほぼ同じコースを歩かれたのに刺激され、また日曜日の御池岳は晴れの予報と名阪の凍結もなさそうなので久しぶりに早起きして5時出発。コンビニでおにぎりを仕入れて藤原簡易駐車場を出たのが7時45分。寒い風が吹いてお天気はどんよりと曇っている。ん? 白船峠登山口:8時。木和田尾には雨に痛めつけられた雪の残骸が所々に残り、踏み抜けば膝下から膝上までズボッ、空模様は一向によくなる気配はない。う〜ん、鈴鹿まで遠征したのは間違いかもと後悔も頭をよぎる弱い心が情けない。

木和田尾

白船峠へのトラバースは踏み抜かれた跡でトレースがついて歩き辛いことこの上ない。白船峠まで2時間半。小休止しているとこの天候に諦めて折り返された単独行の方と二言、三言。またまた敗退の予感。ところが冷川岳を過ぎると、足下の雪はしっかりと締まって時折踏み抜くもののトレースの無い林の中をスノーシューやワカンなしで歩き回れる。さらに小雪も散らついて霧氷が成長中。これだけでも来た甲斐があったわいとはしゃぎまくっての林間遊歩である。

白船峠

白船峠


冷川岳

トレースの無い林の中を自由に歩けるほど雪が締まっている

トレースの無い林の中を自由に歩けるほど雪が締まっている


カタクリ峠手前では複数のトレースに惑わされて真の谷へと急降下。あれ、前来た時はこんな急な下りは無かったはずと地図で確認すれば、おっと、登り返しである。あとで奥の平でこのグループと出遭い話を聞けば、この方達のトレースだったみたい。軌道修正して緩やかな下りでカタクリ峠。そこに10数人のグループ。なんと、11日に遭難され方の捜索隊だった。真の谷方面を捜索されるとかで、帰りにも出会ったが残念ながら発見に繋がるものは無かったようだ。

捜索隊の皆さん。早く発見されればいいのですが

捜索隊の皆さん。早く発見されればいいのですが


七合目を過ぎて八合目へのトラバースも踏み抜け跡ばかりで歩き辛い。さらに山頂へ向かう斜面は雪が緩んで踏み抜け地獄。スパッツは使わないので靴の中はびしょぬれ状態。今度はガムテープで足下をぐるぐる巻きにしてみるか。しかし霧氷はしっかりと付いて青空は無いが時折日も差して天気はまずまず。さきほどの小雪が新雪となって薄らと積もっているのも奇麗である。テーブルランドへの期待は高まり、これしきのことはなんのその。

八合目手前、踏み抜かれた跡を避けて・・・そして、新たな踏み抜き跡を穿つ

八合目手前、踏み抜かれた跡を避けて・・・そして、新たな踏み抜き跡を穿つ


山頂間近になると霧氷も多く付いてテンションは上がる一方である

山頂間近になると霧氷も多く付いてテンションは上がる一方である


登り切ってまずは霧氷のトンネルを抜けて奥の平へ。おおっ、奥の平の雄大な展望が広がっている。が、すぐにガスに覆われる。ま、とにかくガスの中を奥の平へ。おおおっ、着くと同時にガスは晴れる。とにかく写真を撮りまくり、あっちへウロウロこっちへウロウロ。さて、ガスに覆われる気配もなくなったのでボタンブチへ。ん、ボタンブチへのトレースはない。つぼ足でたどり着けるのか? 数歩足を踏み出しても踏み抜く恐れは無い。それどころかよ〜く締め付けられて氷のようになった上に新雪が積もって、土の上を歩くようである。トレーが無いのではなくて歩いてもほとんど足跡を残さないのだ。

奥の平に向かう霧氷のトンネル

奥の平に向かう霧氷のトンネル


奥の平の展望が広がる。期待した一瞬だ

奥の平の展望が広がる。期待した一瞬だ


テーブルランドの向こうに藤原岳、そして御池岳からつづく稜線

テーブルランドの向こうに藤原岳、そして御池岳からつづく稜線


奥の平

奥の平

奥の平

奥の平から御池岳を振り返る

奥の平から御池岳を振り返る


右奥に見えるボタンブチへと、雪原漫歩にうつつを抜かす

右奥に見えるボタンブチへと、雪原漫歩にうつつを抜かす


どこを歩いても平地を行くが如し

どこを歩いても平地を行くが如し


雪原

雪原

奥の出っ張りがボタンブチ

奥の出っ張りがボタンブチ


スノーシューもワカンの装備も無しにこの広い雪原を自由に歩き回ることが出来る。何といいタイミングでラッキーなんだろう。こんな幸運に二度と恵まれることはないと思うので、スノーシューかワカンがますます欲しくなったではないか!(これは懐具合を考慮するとアンラッキー?) ボタンブチからも素晴らしい景観で、これで寒くなければいつまでも居続けたいところだが、ご老体には寒さがこたえる。後ろ髪引かれる相棒を促して御池岳山頂へ。

ボタンブチ

ボタンブチ


ボタンブチ

ボタンブチ

ボタンブチを後に、御池岳山頂に寄って帰るとするか

ボタンブチを後に、御池岳山頂に寄って帰るとするか


御池岳

ここで3回目の食事タイム。コンビニおにぎりを3回に分けてほぼ立食い状態。1時間半ほどテーブルランドで楽しませてもらって、山頂退去予定時間の1時30分になったので、さて帰るか。下りもまた踏み抜け地獄。七合目へのトラバースが歩き辛かったので県境稜線に登って七合目へと下るが、こちらも似たり寄ったり。カタクリ峠から冷川岳までのだらだらとした上りは消化試合のようでなかなかに疲れる。白船峠でコーヒーを飲んで今日初めてのゆっくりとした休憩である。ここで3時。5時までには駐車場に着きたいものである。トラバースを抜けて一つ目の鉄塔から道は左右に分かれる。左の赤テープに沿えば元来た道。右の赤テープから林の中に入ると駐車場へは近道(のはず)。以前右の道に入り間違って元来た道に出てしまったが間違った所は分かっているので、右の道を取る。赤い目印がやたらとあってすんなりと次の鉄塔下へ。ここで元来た道へは左へ。赤い目印は右手にある。ここからは植林の中を赤い目印に誘導されて下ると降り着いた所は確かに駐車場に近い。が、所要時間は早かったのか遅かったのかはよく分からない。とにかく、予定の5時の15分前には戻ることができた。冬の御池岳は最高の景色を見せてくれたが、実に遠かった。


コメント8件

  • 段平 | 2012.02.27 16:37

    行ってきましたか。
    2日前より樹氷も立派になっていますね。
    踏み抜きには私も苦労しました。

    テーブルランドは最高ですね~新雪も良い感じで・・・

    下山のだらだらとした登り返し・・・それが無ければ・・・

    お疲れ様でした。

    鞍掛峠が通行解除になったら鈴北にも行きたいですね。

  • 産六 | 2012.02.27 17:03

    段平さん、こんにちは。
    お陰さまで、リベンジを果たすことができました。
    段平さんの記事を読んでいなかったら、まず行っていなかったと思います。(^^

    テーブルランド、最高でした!
    今度はそれなりの装備をしていかないと、指をくわえて見ているしかないかもしれません。
    せめて、ワカンは買っておきたいですね。
    でも、このルートはまた行こうというモチベーションを持てるかどうか。(^^;

    鞍掛峠基点に鈴北から奥の平一帯に時間を費やしたいですね。

  • 団子 | 2012.02.27 19:16

    冬の御池岳は 一変しますね。
    夏と同じ山とは思えないです。

    と言っても何十年も前に ハイキングに一度来ただけですけどね。

    一本の樹氷の写真 良いですね。

  • 産六 | 2012.02.28 9:18

    団子さん、おはようございます。
    冬はアプローチが長いので帰りにはもう二度とごめんだと思ってましたが、
    1日経って辛さも喉元過ぎるとまた行きたいなぁ、なんて。
    鈴鹿は遠いので時間と交通費とその時のコンディション次第でハイリスク・ハイリターンの山ですね。

    以前の御池岳は見通しが利かずに迷いやすい山だと聞きました。
    若い頃から歩かれてる方が羨ましいです。

  • hanasaku | 2012.03.01 14:09

    山頂からボタンブチにかけての雪原
    道迷いなどしませんか?
    新雪にスノーシューで歩くのは
    さぞ気持ちのよいことかと思います

  • 産六 | 2012.03.01 18:06

    hanasakuさん、こんにちは。
    ボタンブチはガスがかかると迷ってしまいそうですね。
    うまい具合に流れてくれたのでその不安はありませんでした。

    足下が見事に締まっていてくれたので自由に歩き回れましたが、
    スノーシューやワカンがあるとラッキーに頼らなくても
    こんな気持ちのいいことができるのかと思うと、欲しいですね〜。
    プアーな足下は私らだけでした・・・。

  • yas94086 | 2012.03.04 22:38

    こんばんは
    もちろん晴れに越したことありませんが、
    「どこを歩いても平地を行くが如し」の写真を拝見して、「俺も行こう」と決めました!かなりインパクトありました。
    でも一度も行ったことがないことと、2月の遭難騒ぎを考え、来シーズンの楽しみに持ち越しにしました。
    まずは花の時期に経験しておかないと!

  • 産六 | 2012.03.05 9:02

    yas94086さん、おはようございます。
    昨年敗退した時は初めての御池岳で先の様子も分からないので引き返しましたが、今度行ってみて引き返したのが正解と確信しました。(行けたんちゃうかと後悔してましたが1年振りに納得できたです)

    秋に違うコースからですが六合目から山頂までを把握しておくことができたので心の余裕はありました。
    無雪期に周りの状況をつかんでおくことは大切だと思いました。
    遭難された方はまだ発見されていないようで、この雪融けで早く家族の元に帰られるといいのですが。

    これからの鈴鹿は花の季節ですね。
    藤原岳・坂本谷(行ったことはありませんが)の福寿草もつぼみがポツポツと出ているそうです。

最近の山歩き

Copyright(c) 2012 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.