ガスに包まれた綿向山だが、霧氷に雪はヨカッタ、ヨカッタ

2012-02-11

boo


早朝の凍結を避けるため、少々遅めの出発で綿向山へ。順調に水口町へ入るまでは青空!そして、期待! が、だんだんと雲に覆われた雪景色にと周りの風景が変わる。綿向山登山口のトイレを過ぎるとノーマルタイヤではギリギリの雪道。なんとか駐車場まで入るが、出発前から雪が降っており、嬉しいような嬉しくないような微妙なテンション。

駐車場から雪景色で期待は高まる、が、曇り空・・・

駐車場から雪景色で期待は高まる、が、曇り空・・・


三合目小屋で小休止して補食。風はなく穏やかなのはいいが、残念ながら曇り空で青空は期待できそうにない。五合目小屋を過ぎると霧氷もしっかりと付きだして、七合目は一面の霧氷に囲まれた幽玄の世界である。ここからは霧氷のトンネルの胸突き八丁。くどいようだが、青空があればなー…。

七合目手前からは見事な景色にうっとりである

七合目手前からは見事な景色にうっとりである


七合目からは階段状になった急坂を長蛇の列で進む

七合目からは階段状になった急坂を長蛇の列で進む


晴れ間は期待できそうにない

晴れ間は期待できそうにない


山頂間近

山頂間近


山頂はガスに包まれて展望も楽しめないので、本日のメーンイベントであるヒップソリを楽しみにとっておきのポイントへと向かう。幸福のブナの手前ではエビの尻尾もさらに発達しており、定番の幸福のブナくぐりも済ませて竜王分岐まで行くと、そこまであった踏み跡は消えて先行者はここから引き返したようだ。

山頂は視界不良、この頃はまだ風もなく穏やかだった...

山頂は視界不良、この頃はまだ風もなく穏やかだった...


この開放感が素晴らしい

この開放感が素晴らしい


視界もさらに悪くなり、風も強まる

視界もさらに悪くなり、風も強まる


晴れ間は無くても、ええ雰囲気だ

晴れ間は無くても、ええ雰囲気だ


幸福のブナをくぐり抜ける。確か昨年もくぐり抜けたはずだが...

幸福のブナをくぐり抜ける。確か昨年もくぐり抜けたはずだが...


お目当てのポイント目指してイハイガに向けて少し進むと、膝まで潜り込む深い雪と視界を遮る漂うガス、さらに風も強くなってヒップソリを楽しむどころでなくなり、あえなく撤退。ま、ここまででも雪山の雰囲気を味わえたので再度山頂に戻りお弁当を食べることにする。

寒むっ〜〜

寒むっ〜〜


こりゃ、あかんわ

こりゃ、あかんわ


も一度、山頂まで

も一度、山頂まで


シートを敷く頃になって今まで穏やかだった山頂も、雪は降ってくる、風も強まると最悪の状況に。ブルブル震えながらせっかくの愛妻弁当を噛み締める余裕もなく胃袋に納めていると、出番がなく欲求不満のヒップソリが誰も乗せずにスルスルと滑り出す。あれよあれよと見ているだけだったが、幸い途中でひっかかって回収できてヨカッタ、ヨカッタ。

駐車場に戻った頃には、青空が!

駐車場に戻った頃には、青空が!


コメント14件

  • yas94086 | 2012.02.12 15:14

    「駐車場に戻った頃には、青空が!」良くあることですね。(笑)

    綿向山には、まだまだ雪が残っているんですね。御船の滝の印象から、山の雪も一気に融け出しているのでは?と思っていました。もう少し雪山が楽しめそうですね。

    それにしてもすごい行列ですね。
    人気の山ですからね。

  • 産六 | 2012.02.12 16:21

    yas94086さん、こんにちは。
    日にちのタイミングと時間のタイミングは難しいですねぇ。
    あ〜あ、と思う心がつい口にも手にも出ます。(笑)

    まだまだ冬の山でした。
    3月になって早朝の凍結の心配が緩んだら、もっと鈴鹿方面に行きたいです。

    ここはご存知のように急坂ですから、最後尾に着いて追い越しをかけると正面衝突も交通違反の心配も無いですが、息が上がってバテバテになるのが目に見えているので余程元気でない限りは皆さん我慢ですね。(笑)

  • nikkor14d | 2012.02.12 17:15

    羨ましい\(^o^)\

  • 産六 | 2012.02.12 17:39

    nikkor14dさん、こんにちは。
    ここに青空と穏やかな山頂での憩いがあれば、
    甘んじて賞嘆のお言葉を受けるのですが・・・(^^;

    欲を言えばキリがないのは分かっておるのですよ、ホントに。(笑)

  • 段平 | 2012.02.12 19:05

    駐車場に帰った時なぜか青空ですね~
    私はここは青空だが山頂は吹雪いていると
    自分に言い聞かせます(笑。

    所で、アクセスは?名神?名阪?ですか?
    教えて頂けますか、出来るだけ詳しく
    お願いします。。

  • hanasaku | 2012.02.12 20:57

    綿向山でしたか
    大峯の方は雲一つない天気のようでしたが
    鈴鹿はそうもいかなかったのですね
    まぁ、あれだけ雰囲気を楽しめたのですから
    由として下さい

  • アンニョン | 2012.02.13 8:02

    おはようございます。
    綿向山がどこかわからず、調べたら鈴鹿山系ですね。
    ブルーメの丘や竜王スケート場が近いですね。
    自宅からルート検索すると130km程ありました。
    なかなかの遠方ですね。
    列が出来るほど人気のある山なんですね。
    桧塚奥峰から北に三峰山が見えてましたが、さらに北に位置しますね。
    鈴鹿山系が塊のように見えていましたが、そこに登られていたんですね。お疲れさまでした。

  • 産六 | 2012.02.13 9:01

    段平さん、おはようございます。
    お、おなじですね〜。
    なんとか自分を納得させないと落ち着かないというか…。(^^;

    藤井寺ICから入って(段平さんは香芝ですね)名阪上柘植で降りて
    県道を北上してR307に出会って右折、307(近江グリーンロード)を
    彦根方面に走って松尾北交差点を右折してR477で御在所方面に走り
    音羽交差点で左折すれば右手にトイレがあってそこを入っていくと
    駐車場です。途中道標があって分かりやすいです。
    藤井寺ICから駐車場まで1時間40分でした。
    帰りは307を直進して信楽の里で買物して壬生野から名阪に乗りました。
    少し遠回りですが、観光気分も味わえますよ。(^^

    蛇足ですが、鈴鹿の帰りはいつも西名阪をケチって針で降ります。
    そうそう、日野町(松尾北交差点あたり)の丁稚羊羹はおすすめです。

  • 産六 | 2012.02.13 9:12

    hanasakuさん、おはようございます。
    出掛ける方向としては、大失敗でした。
    みなさんの南の青空を見るたびに口惜しい思いをしています。(^^;

    二匹目のドジョウは捕まえ損ねましたが、ま、
    おっしゃるように雪を見に行ったんだから、あれが最高だったと。(笑)

  • 産六 | 2012.02.13 9:20

    アンニョンさん、おはようございます。
    河内長野からだと2時間10分でした。
    昨年ブログで綿向山を知って初めて鈴鹿に行きましたが、
    低山なのに雄大な展望があって、気持ちいい山が多いですね。
    遠いのと有料道路がネックですが…。

    晴れると雪の塊の御岳、白山、乗鞍などが見えるのを楽しみにしてたんですけど
    明神平の青空を少しでも分けてもらいたかったです。(笑)
    最初、琵琶湖と伊勢湾を同時に見た時は日本列島の狭さにびっくりしました。

  • 団子 | 2012.02.13 17:06

    綿向山はさすが北に位置するだけあって凄いですね。
    猛吹雪のような感じが伝わってきます。

    御在所へも行きたいし 藤原岳のセツブンソウも見に行きたいし
    鈴鹿山系へは 行きたい所がたくさんあります。

  • 産六 | 2012.02.13 17:23

    団子さん、こんにちは。
    綿向山は気軽に登れて霧氷と雪が楽しめますが、
    風が強いと山頂と稜線は厳しいですね。

    昨年は藤原岳のフクジュソウが遅く咲いたので
    適期に行ったつもりが少ししか見られませんでした。
    セツブンソウも2,3株咲いているのを教えてもらって
    初めて見ましたが、奇麗な花ですね。
    鈴鹿はヒルが多いと聞くので、晩秋から初夏までできるだけ行ってみたいです。

  • おの@あびこ | 2012.02.14 1:50

    おお!われわれが敵前逃亡した綿向山ですね。
    エビのしっぽまで堪能されてきたようでなによりです。
    それにしてもホワイトアウトっぷりはすごいですね。
    やっぱり単に緯度の問題というよりも地勢の問題でしょうかね、
    近江平野に付きだしていて琵琶湖を南下してきた湿った風が山地にあたって
    雪雲を発達させるんでしょうね。

    駐車場の感じを観るとわれわれが撤退した時よりも雪がありますね。
    僕らが行った時って撤退する程でもなかったのかな…
    なぁんて、今更ながら悔しい気分にも…
    これくらいならノーマルタイヤでもいけるんですね…

  • 産六 | 2012.02.14 8:51

    おの@あびこさん、おはようございます。
    曇り時々晴れの予報と晴れるやろという根拠の無い予感で
    北に向かったものの、見事に裏切られちゃいました。
    ま、これはこれで楽しかったです。

    トイレから先が雪が積もっていて、トイレ前は満車でした。
    トイレの手前(県道沿いの左手)にも広い駐車スペースがあったので、ここが吉ですね。
    早朝から降った新雪だけだったので行けたのだと思います。
    着いてからも雪が降り続いていたので帰りはどうなるかと心配しましたが、
    駐車場の真ん中あたりはすっかりと溶けていました。

    行けるか行けないかというのが一番怖いですよね。
    白黒はっきりセーヤ! と叫びたくなります。(笑)

最近の山歩き

Copyright(c) 2012 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.