雨上がりからライトアップまで静かに楽しめた吉野山の桜

2015-04-08

boo

蜻蛉の滝公園11:45…13:00
吉野山駐車場13:35〜高城山15:45…16:00〜駐車場18:45

久し振りの5時起床。ん、雨の音。もう一眠りして6時。まだ降っている。7時に起きるつもりが8時半。雨は止みそうになく降っている。今日を逃しては機会がない吉野山。雨雲レーダーではお昼頃には雨も上がりそう、と、期待を込めて、ま、ゆっくりと出かけますか。しかし、吉野大橋北詰を右折する頃になっても雨は降り続いている。このまま吉野に向かっても雨を避けてお弁当を広げる場所は思いつかない。咄嗟に思い出したのが奥千本への裏口、蜻蛉の滝公園。確か公園内に東屋があった筈。枝垂れ桜も咲いているかもしれない。ハンドルは切らずにそのまま直進。蜻蛉の滝駐車場には3,4台の車があるばかり。おぉ、枝垂れ桜は今が盛りである。まずは蜻蛉の滝に立ち寄って東屋でお弁当。枝垂れ桜を目の前に雨が凌げて、このまま帰ってもいいくらいの満足感。

150408a01

150408a02

150408a03

150408a04

150408a05

もちろんそのまま帰る筈はなく、吉野山のいつもの駐車場へ。いったんは満車になったらしいが早帰りの空いたスペースに停めることができた。蜻蛉の滝公園へ道草して大正解。駐車場を出て30分ほど経ってようやく雨も降り止む。おかげでいつもとは違った雰囲気の吉野山を楽しめた。

150408a06

150408a07

150408a08

150408a09

150408a10

150408a11

150408a12

150408a13

150408a14

150408a15

150408a16

150408a17

150408a18

150408a19

17時を過ぎてお土産を物色にメイン通りに入るとほとんど人通りはない。昼間の雑踏が懐かしいくらいの寂しさである。七曲がり手前の展望休憩所で名物草団子を食べ、ライトアップされた夕暮れ時の桜並木をくだる。吉野山のフィナーレは素晴らしい想い出を残してくれた。

150408a20

150408a21

150408a22

150408a23

150408a24


最近の山歩き

Copyright(c) 2012 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.