花に酔い酒に酔い人に酔った、さくら全開の吉野山

2014-04-10

boo

駐車場8:30〜水分神社11:15…11:20〜駐車場15:43

朝寝坊していつもより家を出るのが1時間遅れたら通勤渋滞にも遭っていつもの駐車場はラストの1台。吉野山をグルリと一周するにはここがベストだと思っている。まずは如意輪寺を目指す。おお、さくら満開である。満開のさくらに目を奪われていると、視界の片隅に急斜面にへばりつく人、人、人。これはさくらどころではない。急遽参戦して斜面を這い上がってしばしワラビ採りに時を忘れ、卵とじにできるくらいはゲット。さて、気持ちを切替えてお花見モードに戻ろう。こちらの遊歩道は人も程々でのんびりと景色が楽しめる。

140410a01

140410a02

140410a03

140410a04

140410a05

140410a07

140410a09

140410a10

140410a12

140410a14

140410a18

上千本下で本線に合流すると一気に人も増え出す。蔵王堂を見るとつい写真を撮りたくなって何枚も何枚も撮っているが、定番の花見櫓からの蔵王堂も見ておこうと雑踏の中に身を入れる。悲しい性である。水分神社のしだれ桜はまさに見頃。上千本はまだ早そうなのでここから引き返して花見櫓に勝るとも劣らない絶景ポイントでお花見弁当。何時間でも居続けたいところである。

140410a19

140410a20

140410a21

140410a23

140410a27

140410a28

五郎兵衛茶屋からの満開のさくらの斜面を人の頭越しに楽しんで本線に戻ると、車と人でごった返し状態。人の波に流されて吉水路神社。掻き分け掻き分け交代しながら最前列から一目千本の絶景。蔵王堂手前の吉野山ビジターセンターでトイレを借りようと立ち寄ったら、管理者が変わってトイレ使用だけでも入館料200円が必要になったみたい。ここを当てにして我慢してきたら入るより仕方ないよなー。蔵王堂では女人採灯大護摩供を少し見物し、またまた雑踏に巻き込まれつつあちこちでお土産やら買い食いのお買い物。黒門を過ぎるとさくら吹雪に見送られて、下千本七曲がりの満開のさくらをフィナーレにお花見の幕は閉じた。

140410a30

140410a31

140410a32

140410a35

140410a37

140410a38

140410a39

140410a40

140410a42


最近の山歩き

Copyright(c) 2012 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.