初めての山小屋泊で、御岳山満喫(2日目)

2012-07-24

boo


五の池小屋6:13〜摩利支天乗越6:35〜二の池7:15〜剣ヶ峰7:44…7:55〜二の池新館9:02〜摩利支天乗越9:44〜五の池小屋10:11…10:35〜のぞき岩避難小屋11:50…11:55〜濁河温泉登山口13:40

目覚めると4時37分。ご来光は4時50分頃と聞いていたので急いで外に出る。残念ながらご来光の壮大なシーンには出会えなかったが、雲海の彼方に中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳が奇麗に見えてパノラマは充分に楽しめた。

ご来光こそ拝めなかったものの雲海の彼方に連なるアルプスのパノラマに感動

ご来光こそ拝めなかったものの雲海の彼方に連なるアルプスのパノラマに感動


そうこうしているうちに5時半の朝食。温かい味噌汁がなんとも旨い。おかずも充分。ただ昨晩おいしかったご飯が期待外れで、炊き方のミスなんだろうなぁと心のなかで呟いておく。食事が済むと同宿の皆さんは、素早い。それぞれの目的地に向かって出発される。我が家も出かける準備してザックは小屋に預かってもらい剣ヶ峰に向けて出発である。風強く青空はないが雨は大丈夫だろうと軽装で出かけたが、この甘さが命取りになるのだろうなぁと途中で反省しても装備を整えに引き返す勇気は出てこない。天候が悪化していれば確実に遭難しただろう。今後肝に銘じなければと思う。

摩利支天乗越への途中から振り返る。風強く寒い

摩利支天乗越への途中から振り返る。風強く寒い


摩利支天乗越への急坂を越すと賽の河原の広大な景色が眼に飛び込む。賽の河原にはチングルマが咲き乱れて、その中を縫うように二の池へと向かう。ここで同宿した千葉・埼玉のお二人と出会い、しばし歓談の後剣ヶ峰を目指すと、明け方は分からなかった富士山も確認。剣ヶ峰からの展望は昨年はガスの中だったので何も見えなかったが、期待以上の展望を楽しむことができた。

摩利支天乗越で信者の読経

摩利支天乗越で信者の読経


白竜避難小屋から三の池。昨年は田の原からここまでしか来られなかった

白竜避難小屋から三の池。昨年は田の原からここまでしか来られなかった


左奥に剣ヶ峰、賽の河原を上がると左に二の池本館、右に二の池新館

左奥に剣ヶ峰、賽の河原を上がると左に二の池本館、右に二の池新館


賽の河原

賽の河原


イワベンケイ

イワベンケイ


二の池

二の池


剣ヶ峰眺望のリベンジ達成である。二の池、摩利支天、継子岳の向こうに乗鞍が見える

剣ヶ峰眺望のリベンジ達成である。二の池、摩利支天、継子岳の向こうに乗鞍が見える


王滝頂上と地獄谷の噴煙

王滝頂上と地獄谷の噴煙


神社の裏からお鉢巡りが始まる。右手に一の池、左手に荒涼とした地獄谷を見ての岩稜ルートで、ここも昨年はガスで全く見えなかったが、今日は素晴らしい展望。であるので、高所恐怖症のオヤジはビビリまくっての2回目のお鉢巡りである。空模様も気になるし、(精神的に)イヤなところは早く抜けてしまいたいので休む間ももどかしく先へと急ぐ。

右に一の池、左に地獄谷を見ながらのお鉢巡り

右に一の池、左に地獄谷を見ながらのお鉢巡り


足下は断崖絶壁だとか。見ているだけで足が震える

足下は断崖絶壁だとか。見ているだけで足が震える


地獄谷

地獄谷


お鉢巡り

ツガザクラとアオノツガザクラ

ツガザクラとアオノツガザクラ


ミネズオウ

ミネズオウ


お花

ガスのかかっているところが剣ヶ峰。中央の広いところが一の池

ガスのかかっているところが剣ヶ峰。中央の広いところが一の池


お鉢巡りを終え一の池外輪から二の池へと下る斜面を滑らないように慎重に歩き、二の池新館のベンチで一息入れる。この辺りまでくると雨の心配もなくなりのんびりと賽の河原から摩利支天乗越へ上がると、ここからは五の池小屋、三の池、四の池、五の池を眼下に継子岳が正面に見え、濁河温泉への登山道もいいアクセントとなるビューポイントだ。

一の池外輪から二の池へと下る。二の池新館の向こうに継子岳

一の池外輪から二の池へと下る。二の池新館の向こうに継子岳


二の池

二の池


賽の河原のケルンの脇にはチングルマが咲き乱れている

賽の河原のケルンの脇にはチングルマが咲き乱れている


賽の河原。左奥が剣ヶ峰

賽の河原。左奥が剣ヶ峰


摩利支天乗越から五の池小屋へと下る。右に三の池、正面に継子岳

摩利支天乗越から五の池小屋へと下る。右に三の池、正面に継子岳


五の池小屋に戻ってお楽しみのシフォンケーキ(紅茶味)とドリップコーヒーでホッと一息入れて小屋を後にする。約24時間利用させていただいたことになる。小屋すぐ下のコマクサ群生地でたっぷりと時間を取ってひたすら下る。下山届けを提出して山旅ロガーの測定を終了しようとしたら電源が切れている。結局駐車場の手前100mほどのところでバッテリーが無くなったようだ。市営露天風呂に直行して一汗も二汗も流すと生き返った心地である。帰りは同じ道も詰まらないので下呂への御岳パノラマラインを通るが、思ったほど展望もよくない。小牧ICまで41号線を南下して名神に入り、多賀SAの王将で餃子+ビールと算段していたのに、サービスエリアではノンアルコールしか置いていないそうだ。最後に画竜点睛を欠く結末となってしまったのが悔やまれるが、御岳山も五の池小屋も大満足の3日間であった。

シフォンケーキとドリップコーヒー。先に一口齧ってしまったのが悔やまれる

シフォンケーキとドリップコーヒー。先に一口齧ってしまったのが悔やまれる


五の池小屋下のコマクサに別れを惜しんで

五の池小屋下のコマクサに別れを惜しんで


コマクサ

コマクサ

コマクサ


コメント15件

  • nikkor14d | 2012.07.28 3:10

    お天気よくて羨ましい限りです。
    山小屋でケーキですか、山小屋のイメージ修正します:-)

  • 産六 | 2012.07.28 7:31

    nikkor14dさん、おはようございます。
    予報よりは崩れていたんですが、ガスの流れが速くて
    うまい具合にガスの切れ間を縫っていけました。
    贅沢言えば、夕焼けとご来光が見れなかったのが残念でした。

    ケーキは麓から運び上げたという薪ストーブで焼き上げた逸品だそうです。
    コーヒーがまた旨かったです。(^^

  • 団子 | 2012.07.28 8:11

    御嶽山の山小屋泊登山 ご苦労様でした。

    岩肌に咲く コマクサの群生良いですね。
    写真に 産六さんの興奮度が伝わってきます。

    たくさんの高山植物が 可愛いですね。
    ミネズオウなんか愛らしいお姿です。
    ハクサンシャクナゲも気品があって女王のお姿です。

    良いなぁ~ 

  • 産六 | 2012.07.28 8:46

    団子さん、おはようございます。
    コマクサにはしゃぎ過ぎたのが見透かされましたね〜。(笑)
    そのせいか他の高山植物にはあまり熱が入らなかったかもです。
    ミネズオウも帰ってから名前を知っただけで、
    じっくりと何枚も撮っておけばよかったと悔やまれます。

    高山で花の写真を撮る時はしゃがみ込んで息を止めて、立ち上がるとフゥーッとしますね。
    それがしんどくてついつい上からパシャッで通り過ぎるパターンが多くなってしまいます。
    もっと気合いを入れなあきませんね。

  • ke-n | 2012.07.28 8:57

    産六さん、おはようございます。

    ご来光は残念だったみたいですが、
    眼下に広がる雲海の彼方にパノラマのアルプス展望、
    山の朝を堪能されましたね。

    剣ヶ峰眺望も自分も撮ってみたいと思える素晴らしい景色で、
    イワベンケイもぜひ撮影したい高山植物です。

    御鉢めぐりも「ちょっぴり怖そう」な感じでしょうか(笑。

    ところで、下山した後の王将の餃子ってなぜあんなに美味しいのでしょうね(笑。
    体が油を欲しがっているのでしょうか。

  • 産六 | 2012.07.28 9:53

    ke-nさん、おはようございます。
    少しでもお日様が顔を出して朝焼けを見たかったんですが。
    欲を言えばキリがないので大満足ということにしておきます。(笑)

    イワベンケイは1箇所だけで見ました。
    珍しいお花なんですかね。

    お鉢巡りは「ちょっぴり怖」かったです。(笑)
    家内と一緒に高度感のある岩場を過ぎるシーンを動画に撮られたんですが、
    家内はスイスイ行くのに、私はぎこちない動きで3倍時間がかかっていました。(泣)

    おっしゃるように油、油、油!を・・・
    3人でとりあえず餃子5人前。それと、ビンビール!
    —–SAではノンアルコールだけ・・・で、撃沈しました。

  • 段平 | 2012.07.28 13:24

    ケーキとコーヒーの件、ナイス(笑。

    御嶽に今度行く時はこのコースで決まり。

  • 産六 | 2012.07.28 15:26

    段平さん、こんにちは。
    ケーキももちろん美味しかったですが、
    コーヒーは本格的で量もたっぷりとあって、おすすめです。(^^

    御岳山は剣ヶ峰だけじゃもったいですね。

  • yas94086 | 2012.07.29 15:00

    お天気良くて何よりですね。
    雷鳥は天気が悪いタイミング(悪くなるタイミング)に会えるチャンスが高いと言われてて、私が会えたのも雨の中でした。

    本当ならば、昨日、市ノ瀬~南竜ヶ馬場~別山に登る予定でしたが無理になりました。今後どうするかは決めていませんが、
    産六さんの高所恐怖症の山登り記録は引き続き楽しみにしております!

  • 産六 | 2012.07.30 8:20

    yas94086さん、おはようございます。
    雷鳥さんには、ちょうどガスが西から流れてくる寸前に出逢えました。
    すぐに一面ガスに覆われて、またすぐに晴れるという繰り返しのお天気でした。
    鳴き声を聞いたのも初めてで、貸切で見られてしばらくテンション上がりまくりでした。

    市ノ瀬~南竜ヶ馬場~別山、残念でしたね。
    このコースは山の神にプレゼンしたんですが却下され、別当出合〜南竜のピストンで認可。
    (1、2日の予定です)
    別山のニッコウキスゲが見てみたいです。

  • 蜻蛉 | 2012.07.30 18:24

    先ほど木曽駒~空木岳の遠征から帰ってきました。
    (とろとろと木曜日の朝から・・・ゆっくりと。)

    御岳山はまだ登っておりませんけど、
    雷鳥・コマクサ・・・そして眼下の雲海!見事です。

    久しぶりの縦走で、二つの小屋にお世話になりましたがくたくたで帰ってきました。

    これからブログ記事編集の作業に入りたいと思いますけど、まずは焼酎のロックを呑んでからですけど・・・。

  • 産六 | 2012.07.31 9:32

    蜻蛉さん、おはようございます。
    中央アルプスの核心部を縦走されて来たのですね。
    お疲れさまでした。
    山行グループとの2泊3日は楽しかったでしょうね。
    車中でビールを飲むとはまた何と贅沢な!(笑)

    御岳山からも中央アルプスはホント目の前に見えていました。
    あまりに近いのでホンマかいなと思ったくらいです。
    2泊3日の縦走はまだまだハードルが高いです。

  • hanasaku | 2012.08.01 12:23

    コマクサの群生が素晴らしいですね
    それにライチョウ親子も愛らしい
    大満足の三日間だったようでなによりです
    御岳は剣が峰のピストンしか知らず
    おはち巡りなどこのレポを参考にさせて頂きます

  • hanasaku 追記 | 2012.08.01 12:27

    ホームページURLが以前紹介したある方のURLになったままでした
    訂正してお詫びいたします

  • 産六 | 2012.08.02 10:23

    hanasakuさん、おはようございます。
    コマクサは昨年御岳山で初めて見て、感動して
    もう一度見たいものと、しつこく行ってきました。(笑)
    雷鳥親子はおまけ以上で、欲張るとキリがないですが
    夕景とご来光はどこかの高山で見たいものと思います。

    お鉢巡りと賽の河原はおすすめです。
    ホームページURL、変更させていただきました。

最近の山歩き

Copyright(c) 2012 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.