カタした冬道具を引っ張りだして、金剛山(モミジ谷本流)

2014-03-15

boo

水越川公共駐車場7:50〜水越峠7:55〜モミジ谷入口8:30〜第六堰堤9:25…9:35〜国見城址10:05…10:15〜展望台10:40…10:45〜国見城址11:05…12:00〜水越峠13:20…13:25〜水越川公共駐車場13:30

昨日の通り雨&みぞれは金剛山では雪。しばらくは出番がなかろうとしまいこんだアイゼン、冬用グローブその他諸々を取り出して、いざ出発。モミジ谷入口から薄らと新雪が積もっている。今日は一番乗りかと期待していたが、新しい足跡が二人分。新雪の下には氷が隠されていて時々ヒヤッとする。オヤジは早めにアイゼンのお世話になったが、相棒はノーアイゼンでモミジ谷本流の最後の急坂でずり落ちてくる。ここでスマホを拾い山頂売店に預託。国見城址に着くと、あれれ、信じて疑わなかった青空が、消えていく。。。

モミジ谷入口。一番乗りかと思いきや、足跡あり

モミジ谷入口。一番乗りかと思いきや、足跡あり



第五堰堤から振り返る

第五堰堤から振り返る



第五堰堤からすぐに本流(右)との分岐

第五堰堤からすぐに本流(右)との分岐



奇麗なV字谷

奇麗なV字谷



振り返ると、また奇麗

振り返ると、また奇麗



思っていたよりも雪は少なかった

思っていたよりも雪は少なかった



氷瀑の名所、第六堰堤

氷瀑の名所、第六堰堤



少しだけ氷柱

少しだけ氷柱



アップで

アップで



第六堰堤を越えると短いが奇麗な谷筋

第六堰堤を越えると短いが奇麗な谷筋



かまくら、まだまだ健在でしたか

かまくら、まだまだ健在でしたか



貴重な青空

貴重な青空



だんだんと少しの晴れ間が消えていく

だんだんと少しの晴れ間が消えていく



素晴らしい霧氷が付いていたのに、期待した青空に裏切られて少しテンションダウン。土曜日で雪なのに人はまばら。これは嬉しい誤算。みなさん、もう冬モードからは抜け出されたのかな。展望台の様子を見にダイトレ往復。小雨のような小雪のようなものに降られて再度国見城址に戻ると、少し晴れ間も覗くようになる。さて、ランチタイム。重いが折りたたみイスは雪+ベンチがある時は重宝する。ほとんど寒さは感じずにのんびりと過ごして大日岳から太尾塞跡、ガンドガバコバ林道を下る。モミジ谷入口の雪はほとんど溶けてしまっている。

展望台

展望台



いつも混み合う所もご覧の通りの静かな金剛山

いつも混み合う所もご覧の通りの静かな金剛山



山頂に戻るとまた少し青空が。広場には歌のおじさん

山頂に戻るとまた少し青空が。広場には歌のおじさん



ラーメンの具はゆで卵とウィンナーソーセージ

ラーメンの具はゆで卵とウィンナーソーセージ



少し陽が射すと慌ててカメラ片手に食事中断

少し陽が射すと慌ててカメラ片手に食事中断



大日岳

大日岳


最近の山歩き

Copyright(c) 2012 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.