裏山を一巡り(学文峰・井谷の峰・叶山・旗尾岳・府庁山・田山)

2012-03-11

boo

地蔵トンネル8:17〜ジルミ峠8:26〜学文峰8:44〜下峠9:05〜井谷の峰9:17〜叶山9:32〜叶神社9:52〜天見駅踏切10:11〜旗尾岳10:45〜府庁山11:45〜展望レストラン12;28…12:53〜田山12:54〜クヌギ峠13:11〜鳩原13:25〜自宅14:05

先週末に念願の、ではなくて仕事に実機が必要になったためやむを得ずにスマホを手に入れたが、これがなかなかおもしろい。初めてMacを手にした時と同じおもしろさで、歩きに行くのも忘れて2日間どっぷりと浸かってしまった。しかし、高額のなんとか放題に入れるほど余裕はなくWiFi専用の卓上機として、電話・メールはガラケーで我慢するしかない。ただGPSは関係なく利用できるとのことで、山旅ロガーと地図ロイドでこれこそ念願の山歩きにGPSの夢が叶いそうである。

さて、準備万端整えて今日はGPSデビューにふさわしい山行を・・・と。ん! えらいガソリンが高いやないかい! (我が家の)山の神の怒りを買うのを恐れて遠出は諦めよう。昨日は金剛山も真っ白だったし、今日はお天気も良さそうで、あこもここもきっとええやろなーの思いは断ち切って、裏山巡りもまたおもしろかろう。娘の出勤に便乗してジルミ峠への取り付き点・地蔵トンネル手前まで送ってもらう。ここで山旅ロガーで「測定開始」。ジルミ峠までは豪雨のせいか酷い荒れようで登山道が一変している。この先も心配になったが、ほとんど影響はなかったようだ。学文峰へは直登は避けて巻き道から。今日は青空が広がっているものの展望は霞んでイマイチであった。

ジルミ峠から学文峰

下峠から井谷の峰、叶山の激下りを経て叶神社(名前がイイ!)に参拝して露岩の急坂を天見の集落に至るまで誰一人と出会わない。これから先もマイナールート、今日は落ち着いた山歩きが楽しめそうである。

井谷の峰から叶神社

叶神社の下りから天見の集落を俯瞰する。奥が紀見峠方面

叶神社の下りから天見の集落を俯瞰する。奥が紀見峠方面


旗尾岳山頂手前で一人のおじさん。聞けばこれから学文峰へ向かうとのこと。あ、考えることは同じなんだ。まてよ、あのおじさん『私らも、これから学文峰・・・』って、聞き間違い? しばらく進むと団体さんと擦れ違う。あれ、けっこう人が入っているなと思ったら、ナント総勢80人のツアーらしい。それから一人から数人のグループと次から次に擦れ違う。一塊ではなく小グループに分かれているのはイイナーと思った。すると、最初に出会ったおじさんもこのお仲間かも。

旗尾岳から府庁山

府庁山手前でも二人組、ん〜、イヤ〜な予感がしてきた。そろそろお昼前なので府庁山三角点(今はここが府庁山らしい)でのんびりとお昼ご飯のつもりだったが、もしかして・・・ピンポーン・・・十人以上はいると思われる山ガール軍団がお食事中。気の弱い私は即退散。田山の手前に切株がベストポジションに並ぶ展望レストランがあったはずとしばらく我慢。おお、貸切だ。30分ほど居たが誰一人通らない。ここはメインコースからは外れているのかすでに通られた後なのかは分からないが、マイナールートとばかり思っていた本日のコースも考えが浅はかであった。

府庁山からクヌギ峠

田山手前の鉄塔下から。手前の山に白く見えるのが井谷の峰の反射板

田山手前の鉄塔下から。手前の山に白く見えるのが井谷の峰の反射板


さて肝心のGPSはといえば、細かい軌跡のズレはご愛嬌として、現在地はほぼ正確で心強い相棒になること間違いなしで、思わぬ余録を頂戴したものとニッコリ。心配した電池の持ちは約6時間で50%弱残っている。頻繁に地図を確認すればもっと消費は増えると思うが、充電用バッテリーを用意しておけば安心して使用できそう。


コメント14件

  • 団子 | 2012.03.12 12:10

    GPSデビューおめでとうございます。

    軌跡や距離、標高がほぼ正確に記録されるのが楽しいですね。
    もう手放せないですよ。
    それと 車まで戻ってきてスイッチを切るの忘れないように
    車で走った軌跡まで残ってしまいます。

    ところで 高所恐怖症なおられたん?
    叶神社から下りられたんですね。

  • 産六 | 2012.03.12 15:41

    団子さん、こんにちは。
    もう、GPS手放せませんね〜。(^^
    なるほど、慣れるとついスイッチを切り忘れそうですね。
    ボケ防止にもよさそうです。(^^;

    さすがに叶神社をご存知ですね。
    一度登ったことがあって舐めてました。
    木が目隠ししてくれなかったらとても無理です。
    天見の集落を俯瞰した写真も普通の人ならあと3歩は前に出て撮れたでしょうね。
    これは、不治の病かと。(泣)

  • 紀州のカモシカ | 2012.03.12 17:22

    GPS手に入れましたか、頼りになりますよ。
    スマホは手にした事がありませんが、これから行く山等のコ-スを画面に入力できるのかなぁ、歩く時地図等参考にし、帰ってからはとった軌跡をいじって遊んでいます。

  • 産六 | 2012.03.12 18:01

    カモシカさん、こんにちは。
    カモシカさんはかなり以前からGPSを使われてますよね。
    いろんな地図を作られているので羨ましいなぁと思ってました。
    そこまで本格的なものは無理ですが、自分なりには満足できると思いました。
    未だに高度計付腕時計も使いこなせない機械オンチでも割とスムーズに使えました。

    地図の取り込みは、地図ロイドというアプリで通信できる時(山行前)に目的の国土地理院の地図を見ておくとスマホに保存されて、電波が届かなくても見た範囲の地図が見られ、山旅ロガーというアプリでその地図上に歩いた軌跡が表示されるというものでした。
    コースを見ておくだけで取り込まれるので簡単でしたよ。

  • 段平 | 2012.03.12 19:55

    知らない山ばかりです(山名は聞いたことがあるような?)
    アナログ人間の私にはスマホの事は良く分かりませんが相当優れ物のようですね。
    この手の物に詳しそうで羨ましい限りです。
    私はサッパリ分かりません(涙)。

  • yas94086 | 2012.03.12 22:04

    GPSデビューおめでとうございます。私は使ったこともないので、その便利さは分かりかねますが、山登りにすごく幅が出てきそうですね。あとは雪山用にワカンかスノーシューだけですね。
    でも、仮にお金があっても、お互いに高所恐怖症を克服するツールをゲット出来ないのが残念ですね(#^.^#)ハハハ...

  • 産六 | 2012.03.13 8:23

    段平さん、おはようございます。
    400〜600m台のマイナーな山ばかりで、これといった見所もありませんからわざわざ行くようなところではありませんね。(^^;
    近場に住む者としては、
    1)交通費の節約
    2)アップダウンは結構あるのでいい鍛錬になる
    3)あちこちで馴染みの場所が見下ろせる
    が、取り柄といえますかね。

    スマホは関わりたくなかったんですが…
    最初は気が進まなかったのが、結果オーライでした。(^^

  • 産六 | 2012.03.13 8:51

    yas94086さん、おはようございます。
    GPSはスノーシューまたはワカン、ウエアーや手頃なザック、その他小物に次ぐ欲しいものランキングでは下位だったんですが。
    スマホを使わざるを得なくなって、追加費用はほとんど要らないので試しに使うと、これは手放せないですね。
    国土地理院の地図をプリントアウトして首からぶら下げなくてもいいし、タイムをいちいち記録しなくてもいいし(これは面倒なのでもう止めようと決めていましたが…)、現在地が確認できるので不安要素が少なくなったし、といいことだらけですね。
    帰ってからも楽しそうです。

    ▼高所恐怖症を克服するツール
    ハゲシク、欲しい!!! です・・・ねぇ。(笑)

  • 蜻蛉 | 2012.03.13 18:22

    自宅のパソコンから二度ほど
    送信したけどなんだか上手くいかないので
    スマホから送信します♪

    今、西から東に向けて歩いています。
    この辺りの山もヤマケイの大阪府の山をみながら思案しています(〃⌒ー⌒〃)ゞ

    スマホには、予備バッテリーがあればスマホGPSは余裕をもって楽しむことができます。
    *三度目の投稿なのでダブっていたら♪
    削除願います♪ヽ(´▽`)/

  • 産六 | 2012.03.13 18:43

    蜻蛉さん、こんにちは。
    スマホからですか。
    ケータイからの文章入力は苦手ですね。
    カタコトでしゃべっているようになっちゃいます。(^^;

    すみません、何回もお手数をおかけしまして。
    今回のブログの投稿チェック機能がおかしくて、なぜかスパムと判断してしまったようです。

    だんだんとこちらに近付いておられますね。
    槇尾山や岩湧山はよくご存知ですからもうすぐですね。
    予備バッテリーは安めのを買ってしまって、もっと大容量のものを買えばよかったかなと少し後悔してます。

  • アンニョン | 2012.03.17 8:00

    GPSデビューおめでとうございます。
    アナログ人間の私は、地形図にコンパスに頼るしかありません。
    この間、滝畑から梨の木峠経由で岩湧山に登りましたが地図にないルートで不安でした。
    相当優れ物のようですね、現在地がほぼ正確にわかるというのが心強いですね。

    今回の歩かれたコースは産六さんのお庭みたいな所で、
    楽しいコースですね。
    井谷ノ峰から岩湧山の方へは行きましたが叶神社から天見へ下ったことはありません。それにクヌギ峠から嶋原・三日市方面の道も歩いていません。
    私のお気に入りに加えさせて頂き、近いうちに歩きたいですね。
    地蔵トンネルから先、工事中の道路、南ヶ丘付近の工事現場に繋がっているようですね。

  • 産六 | 2012.03.17 9:12

    アンニョンさん、おはようございます。
    本格的なGPSはどんなものか全く知りませんが、
    ひょんなことから手に入れたスマホのおまけ(?)機能としては大満足です。
    地図とコンパスは用意していても使いこなせていないのが実情でしたから、現在地と歩いてきた軌跡が分かるというのには正直感動しました。
    滝畑ダムから展望台経由の梨の木峠、さらに岩湧山は全く地図に載っていませんものね。
    GPSオンリーのスマホもありかと思います。

    アンニョンさんには物足りないコースかもしれませんが、
    結構なアップダウンで退屈はしないと思います。
    地蔵トンネルの中は真っ暗でしたが、唐久谷集落まで抜けられて、上峠を経て天見または岩湧山や神納バス停へは通れるみたいですね。
    ヘッデン必須かと思われます。(^^

  • おの@あびこ | 2012.03.17 15:31

    近場の山でしたら、スマホさえあれば紙の地図はいらないかもしれませんね。
    僕もiPhoneの中に1/25000地形図のキャッシュを貯めて活用してます。
    もっとも滑落して滝壺の中に転落ということがあればたぶん携帯端末は使えなくなると思うので、
    なるべく紙の地図も持つようにはしていますが…

    ところで井谷ノ峰のあたりって、
    流谷の棚田をうまく見下ろせるスポットがあったりしませんでしたか?

  • 産六 | 2012.03.17 16:22

    おの@あびこさん、こんにちは。
    紙の地図はメモしておけるので全く不案内なところだとやっぱり必要でしょうかね。
    雪や雨の用心に(滝壺転落までは?)
    LAVOD Waterproof Bag 5m防水ポーチ LMB-007S
    送料込みで1,000円ほどで、プールでもスマホが使えるとか。
    安さに惹かれて買いました。(^^
    で、今回雨の心配は無かったですが(と思っていたら、帰って1時間ほどするとジャジャ降りの雨。お天気に絶対はありませんね)、試しに使ってみると、一応カバーの上から操作は出来ます。
    ひとまず安心ということで。

    井谷ノ峰と叶山からは北側は開けてましたが、流谷方面は見られたのかどうか気が付かなかったですね。
    井谷ノ峰から直接下る道もありましたからそこからだと見えるのかもです。
    上峠から流谷に下る途中も見れそうな?

最近の山歩き

Copyright(c) 2012 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.