御堂筋とカブトムシ

2014-07-20

boo

初めてで最後のサラリーマン時代によく遊んだ1年先輩の友人が心筋梗塞で入院したと連絡があった。そろそろお盆にどこか(山ではない)に出かけようかと誘いがあるはずだったのが、思いがけない知らせである。お互いもういい年なのだと身につまされる。昼から中津の済生会病院へ見舞いに行って、帰りは難波まで歩こうと梅田に向かうと突然の雨。手近に入口があったので地下街へ潜り込むと、すごい人の流れで流されていくうちに方向を見失う。若い頃は梅田界隈がホームグラウンドだったが、最近の地下街の変貌には付いていけない。とりあえず地上に顔を出して現在地を確認。雨に降られずに大阪駅を越えるのに大層な手間を喰らってしまった。大阪駅を越え旧地下街を駅前第3ビルの前へ出るとほとんど雨は上がっている。あとは御堂筋を南下するだけである。小雨が降ったり晴れ間も見えたりする静かな御堂筋も心斎橋大丸前から人も増えだし、道頓堀橋を渡ると渋滞である。ここでまた雨が降りだしたので仕方なくというか、おあつらえ向きに目の前にあった入口から地下街へ。ここは迷うことなく難波駅に直行して電車が出ると、外は土砂降りの大雨である。ところが下車駅では雨の降った気配もない。降っていれば車で迎えに来てもらうつもりが、これなら歩いて帰れる。

で、そのおかげで本題のカブトムシ。階段に佇んでいるのが目に付いていったんは通り過ぎたが、未練もあって振り返ったら辺りに人影はない。ナンカ、落とし物をネコババ(以前金剛山からの帰り財布を拾って駐在所に届けた際、駐在の不快な態度に二度と届けるような真似はするまいと誓っているが、なかなか二度目の機会はありません)するような後ろめたさを感じながら、ちょうど持っていたレジ袋に捕獲。久し振りになかなかの手応えである。カゴに囲ってやるのは可哀想なのですぐに庭に放してやると、少し目を離したとたんどこかに潜り込んでしまって消息不明。またいつか見られることを楽しみに。

140720a01

140720a02


最近の山歩き

Copyright(c) 2012 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.