エースJTBで行く「高山・白川郷」1日目

2014-02-26

大阪駅:7時58分発「ひだ25号」 娘が旅行費用を奮発してくれるというので便乗する。親孝行な娘である。目指すは雪国・飛騨。青空が広がっているようだが、PMナントカという厄介なシロモノが視界を遮って折角の車窓風景が台無しである。ぼんやりと靄の中に浮かぶ雪を冠った伊吹山を左に見て、岐阜を越えた辺りからは少し視界もよくなり、眼下に荒々しい景観を垣間見せる飛騨川に沿って遡っていく。ん! 期待していた雪の気配がない。下呂を越えても日当りの悪い斜面に残った雪の残骸がチラホラ。少し残念感が漂う頃、想像していたほどではないものの美しい雪の風景に迎えられて高山駅:12時13分着。ここ2,3日の暖かさで屋根の雪は残っているものあり、落ちてしまったものもある。

140226a01

手荷物は宿に送ってもらい、12時50分発の白川郷行きの濃飛バスに乗車。白川郷:13時40分着。帰りのバスは17時20分なので時間は有り余っている。まずは、栃餅ぜんざいが旨そうな「さとう」さんへ。不定休ということで心配だったが、あれれ、お休みである。ここで力を付けて城山展望台まで歩くつもりだったが、仕方ない、空きっ腹を抱えて城山展望台への「積雪のため通行禁止」(全く積雪無し!)の坂道を登る。上着を脱いでも汗が噴き出るほど暑い。こりゃ、雪も溶けるわなー。合掌造り集落も個人的な我侭で言うならばもっと雪に埋もれていてほしかったなぁ。。。

140226a02

140226a03

140226a04

140226a05

140226a06

140226a07

140226a08

140226a09

140226a10

140226a11

140226a12


最近の山歩き

Copyright(c) 2012 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.