霧氷を満喫した大又から、薊岳、明神平周回

2011-12-24

boo




大又駐車地点8:35〜笹野神社8:40〜小休止9:36…9:40〜大鏡池10:20…10:24〜小休止10:34…10:43〜薊岳11:37…11:53〜明神平13:15…13:30〜明神平駐車場15:10〜七滝八壺15:53…16:00〜大又駐車地点16:15

紀見峠と御所の市内は路面やや凍結、この先どのあたりでチェーンを巻こうか戦々恐々。
大淀町に入ったとたんに凍結の「と」の字もありません。東吉野村に入っても変わらずで大又までなんともあっけない嬉しい誤算。しかし、山にも雪が無ければ喜んでいる場合ではないと、今度は贅沢な心配です。
集落を過ぎたあたりに駐車して笹野神社の階段を上った右の小道から取り付き、植林された林道と山道を延々の歩き。
途中2箇所のトラバース道の崩落箇所を過ぎるのが変化といえば変化。もういややと引き返そうと思う頃にやっと大鏡池らしきところに出て、少し右手に寄り道すると、ん、これ? ここで霧氷+少しだけの青空が見えたのでよしとしましょう。

階段を上って鳥居右手の小径に入ります

階段を上って鳥居右手の小径に入ります


長〜い植林を嫌ほど歩いてやっといい雰囲気になってきました

長〜い植林を嫌ほど歩いてやっといい雰囲気になってきました


大鏡池と束の間の青空

大鏡池と束の間の青空


行動食をお腹に入れて少し進んで植林地帯から解放される頃になると、霧氷の世界が広がって+少しだけの青空もかろうじてまだ残っています。
今までの不平不満は何処とも無く消え去って、テンション全開。
すぐに青空は消えて、ガスがかかったり視界が広がったりですが、雪山最高! ですね。

向こうは霧氷の塊

向こうは霧氷の塊


最後の晴れ間です

最後の晴れ間です


ここからはモノクロの雪の世界へ

ここからはモノクロの雪の世界へ


楽しい尾根道です

楽しい尾根道です


雪で隠された足下に注意してヤセ尾根と岩場を越えると薊岳山頂です。
が、四方ガスに包まれています。とにかく行動食でも食べようかとおにぎりを頬張ったとたんに木ノ実矢塚への稜線が現れ、次に明神平への稜線も! やはり、普段の行いがいいのでしょう。青空・・・まで望むのは足ることを知らないというものです。

ヤセ尾根がつづきます

ヤセ尾根がつづきます


岩場をヨッコラショと

岩場をヨッコラショと


ええ景色にうっとりです

ええ景色にうっとりです


写真撮りまくりですが、なかなかいいショットは得られません

写真撮りまくりですが、なかなかいいショットは得られません


やっと薊岳山頂です

やっと薊岳山頂です


木ノ実矢塚への尾根でしょうか

木ノ実矢塚への尾根でしょうか


凄い霧氷です

凄い霧氷です


明神平へとつづく尾根ですね

明神平へとつづく尾根ですね


ここで今日初めての登山者と出会います。大又手前で追い越したバスに乗っておられた方で、これから木ノ実矢塚経由で麦谷林道を大又まで下ると。しかし、木ノ実矢塚への下りが何とも雪に覆われて判然としませんし、ガスに包まれてロストコースしてしまう危険も感じられたのか、明神平から大又へご一緒しましょうということになりました。
さて、薊岳から明神平まではバージンスノウと霧氷の森の中のメルヘンティック街道で、特に前山からはお伽の世界に居るような錯覚さえ覚えます。

帽子をかぶっていないと髪の毛にもたちどころに霧氷が付きました

帽子をかぶっていないと髪の毛にもたちどころに霧氷が付きました


薊岳から前山へ向かいます

薊岳から前山へ向かいます


深い雪です

深い雪です


早く前山までと焦っても深い雪に思うように足が進みません

早く前山までと焦っても深い雪に思うように足が進みません


前山に着きました。広々としています

前山に着きました。広々としています


明神平に向かって下ります

明神平に向かって下ります


ガスがかかっていないと、明神平一望なんですがね・・・

ガスがかかっていないと、明神平一望なんですがね・・・


まるで

まるで


おとぎ話の

おとぎ話の


世界を

世界を


歩いているようです

歩いているようです


霧の中に薄らとあしび山荘が見えてきました

霧の中に薄らとあしび山荘が見えてきました


ここまでは風も弱くほとんど寒さを感じなかったのが明神平まで来るとかなりの風が吹いており、風よけのためにあしび山荘の外壁にへばりつきますが、効果薄しで早々に退散。
明神平を後にすると帰る気が急いたのか、ほとんど休憩をとらなかったツケが回ったのか、日頃の鍛錬不足か、突然両足に異変。ま、足が吊った訳です。しかも、足の吊ること、この後2回。倅にマッサージしてもらうという大きな借りを作ったのが何とも残念な山行となりました。
風よけには力不足でした

風よけには力不足でした


明神平ですね

明神平ですね


下ります

下ります


未練たらしく振り返って見ます

未練たらしく振り返って見ます


今日の見納めの霧氷の林です

今日の見納めの霧氷の林です


最後の渡渉地点は2年前はもっと嫌味だった覚えがあるのですが、台風の影響でなんか大変渡りやすく変わったような。大又までの長〜い林道歩きも眼下の流れがみたらい渓谷を思わせるような奇麗な谷で、車だと通り過ぎる七滝八壺も見られ素晴らしい一周コースでありました。

明神滝も周りが少し凍っています

明神滝も周りが少し凍っています


雪の舞散る大又林道を下ります

雪の舞散る大又林道を下ります


七滝八壺、見応えがありました

七滝八壺、見応えがありました


最近の山歩き

Copyright(c) 2012 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.