ガスに包まれた新緑の回廊、北部台高〜木梶山周回

2012-06-10

boo


キワラ滝駐車場7:30〜ハッピノタワ取付き8:15〜ハッピノタワ8:37〜ハンシ山8:59…9:04〜伊勢辻9:40〜伊勢辻山9:48…9;58〜赤ゾレ山10:18〜馬駆ヶ辻10:36〜馬駆ヶ場10:48〜国見山11:03〜水無山11:31〜明神平見下ろし(?)11:36…11:58〜水無山12:04〜国見山12:23〜馬駆ヶ場12:32〜馬駆ヶ辻12:43〜木梶山13:40…13:50〜木梶山登山口14:28〜ハッピノタワ取付き14:45〜キワラ滝駐車場15:20

先々週小峠まで入れなかったので北部台高を歩ける他の道はないかと探してみると、杉谷からコウベエ矢塚を経て伊勢辻に達するか、木梶林道から北部台高縦走路に取り付く道がピックアップされた。できるだけ明神平に近付きたいので5時起床。杉谷起点は気乗りしないので通り過ぎ、高見トンネルを越えてすぐに右折して林道に入る。広くて奇麗だった林道が少し狭まると進路を塞ぐように落石。あとから分かったことだが既に木梶林道に入っていた車があったので通過直前に崩れたと思われる。撤去作業に両手を泥だらけにして気分新たにさらに進んで木梶林道に入ると、地道のうえに穴ぼこだらけで無数の水溜まり。泥水に隠れて穴の状況が読めないので目を瞑って通り過ぎるしかない。キワラ滝から先は普通車なら腹をこするという記事を見ているのでキワラ滝前に駐車。林道を無理して進まずとも歩けば済むことであると、大いなる負け惜しみで納得させる。

キワラ滝

キワラ滝


キワラ滝前の駐車スペース

キワラ滝前の駐車スペース


遥か崖下に木梶川を見て、北部台高縦走路・ハッピノタワへの取り付き点を目指すが見逃して行き過ぎ少々ロスタイム。右岸にピンクテープのある小さな沢の左岸に微かな踏み跡。少し進めば明瞭になってぐんぐんと高度を上げる。水平道に出て少し左へ進むと涸れ沢に突き当たるので涸れ沢を尾根に向かって上がればハッピノタワ。取り付き点から20分ほどである。

林道の向こうに鳴滝が見えると取り付き点は近い

林道の向こうに鳴滝が見えると取り付き点は近い


フタリシズカ

フタリシズカ


この涸れ沢を登るとハッピノタワ

この涸れ沢を登るとハッピノタワ


縦走路から東奥にある赤いテープと杭が目印、写真中央を下ると木梶林道 ピストンした時の目安に

縦走路から東奥にある赤いテープと杭が目印、写真中央を下ると木梶林道 ピストンした時の目安に


今日は梅雨の晴れ間で午後からはお天気もよくなるだろうと期待して出かけてきたが、辺り一面ガスに包まれている。ハンシ山手前の切り株に腰掛けて小休止。ガスに包まれた尾根歩きもいいもんだが、伊勢辻を過ぎ伊勢辻山まで来てもガスは晴れそうにない。ここからの展望を楽しみにしてきたのでガックリである。ここでセブンイレブンのおにぎり100円セールで買った1個を食べ、気を取り直してアセビのトンネルを抜けて赤ゾレ山へ。他の踏み跡に惑わされそうになったが、ちょうど少しガスが薄くなって尾根筋が見えたので軌道修正。赤ゾレ山では伊勢辻山と国見山が望まれ、このままガスが晴れるのを期待して馬駆ヶ辻、馬駆ヶ場から国見山へ。

ハンシ山手前で小休止

ハンシ山手前で小休止


ハンシ山

ハンシ山


ガスの中もいい雰囲気...と、この頃は・・・

ガスの中もいい雰囲気...と、この頃は・・・


小鳥

伊勢辻

伊勢辻


伊勢辻山

伊勢辻山


ガス

ガス

赤ゾレ山

赤ゾレ山


赤ゾレ山から伊勢辻山

赤ゾレ山から伊勢辻山


赤ゾレ山から国見山

赤ゾレ山から国見山


赤ゾレ山鞍部の池 これはガスっているほうがイイ

赤ゾレ山鞍部の池 これはガスっているほうがイイ


ヤマツツジは多い

ヤマツツジは多い


馬駆ヶ場 帰りはたくさんの人がここでお弁当

馬駆ヶ場 帰りはたくさんの人がここでお弁当


バイケイソウがいっぱい

バイケイソウがいっぱい


このガスでは明神平を上から見下ろすのは無理のようなので国見山から引き返すか迷ったが、まだ時間の余裕もあるし、一縷の望みを託して水無山の先へ。ガスは深まるばかりである。諦め悪くここで昼飯を食べて時間を費やす。こんな条件でも明神平から登ってくる人もいる。単独、4人グループ。自分のことは棚に上げて、モノ好きだなぁー。で、ガスはさらに深まるばかりである。

国見山もガスの中 そろそろ晴れてくれ〜

国見山もガスの中 そろそろ晴れてくれ〜


ウシログラの絶景もお預けである

ウシログラの絶景もお預けである


ガスが晴れるのを期待して水無山へ

ガスが晴れるのを期待して水無山へ


水無山

水無山


明神平を見下ろせる場所へと

明神平を見下ろせる場所へと


明神平を見下ろせそうな場所で100円おにぎりを食べてガスが晴れるのを待つが・・・

明神平を見下ろせそうな場所で100円おにぎりを食べてガスが晴れるのを待つが・・・


かつて一度でも景色を見ておればガスもまた楽しであるが、せっかくの展望が見られないのではフラストレーションが溜る一方。でも、この時期に雨にも遭わず歩けるのだからヨカッタヨカッタであろう。馬駆ヶ場でもたくさんの人がお昼休憩。馬駆ヶ辻で台高縦走路から外れて木梶山への稜線に入る。広々とした気持ちのいい道から自然林の中を抜けると日本庭園を思わせる広いピーク。ガスがかかっていなければ国見山、桧塚、奥峰、高見山まで見られるという。次回の楽しみに残しておこう。広いピークで北にのびる尾根に吸い込まれそうになって、GPS。頼りになりますねぇ。あとはほぼ迷う事無く気持ちのいい自然林に包まれての尾根散歩。木梶山への左折ポイントにはテープがたくさんあって安心。

馬駆ヶ辻から木梶山への踏み跡をたどる

馬駆ヶ辻から木梶山への踏み跡をたどる


アセビの群落を過ぎて

アセビの群落を過ぎて


ヤマツツジが満開である

ヤマツツジが満開である


新緑のトンネルを過ぎて

新緑のトンネルを過ぎて


日本庭園のような広〜いピーク

日本庭園のような広〜いピーク


ここから木梶山への稜線は開けたところがあって開放感いっぱいである。ここまで来るとやっとガスも少し晴れ出して北部台高縦走路も見えるようになる。木梶山は展望には恵まれないが自然林に包まれた静かな山頂。テープに導かれて下っていく道はたくさんのヒメシャラに目を奪われ快適そのもの。植林帯に突き当たると左に進路を取るが、ここからはやせ尾根の激下り。尾根が途切れて植林隊の急斜面をジグザグに下ると沢沿いの林道終点に出て、ここから駐車場までは約1時間の林道歩きである。案の定、林道を歩いている頃には陽も射して爽やかな青空も見えだした。

木梶山手前の広い尾根は開けている

木梶山手前の広い尾根は開けている


広くて開けた尾根

広くて開けた尾根 写真中央は木梶山 やっと、ガスが・・・

広くて開けた尾根 写真中央は木梶山 やっと、ガスが・・・


木梶山

木梶山


木梶山からの下りの尾根はヒメシャラが多い

木梶山からの下りの尾根はヒメシャラが多い


コメント22件

  • 紀州のカモシカ | 2012.06.11 14:02

    霧深い台高も大峰と同じく雰囲気があっていいものですね。
    明後日西大台ケ原への入山許可をもらていますが、いい雰囲気になればと願っています。

  • 産六 | 2012.06.11 14:17

    紀州のカモシカさん、こんにちは。
    この時期、雨に降られなかっただけでもヨシ!ですね。
    いい雰囲気で歩けました。
    でも、初めてのところは展望も欲しかった・・・(笑)

    西大台はしっとりとした霧の中がかえって雰囲気がいいかもしれませんね。
    許可制になる前に入っておけばよかったと。
    西大台、楽しんできてください!

  • ke-n | 2012.06.11 15:41

    彦六さま、初めてコメントさせていただきます。
    アンニョンさんや団子さんとリンクさせていただいていることもあり、いつも楽しく山の記事を拝見させてもらっておりました。

    ここ木梶林道の木原滝駐車場から木原谷を歩いて、
    お写真にある赤ゾレ山近くの池も見に行きたいと
    かねてから思っておりました。
    霧の中、幻想的ですね。

    木梶三滝を巡った時に、車止めのようなものが林道の高見峠との分岐から少し先にあったように記憶しているのですが、
    あれはいつも開いているのでしょうか、
    それともそこを通っていくのではないのでしょうか。
    僕の記憶違いであれば、変な質問をすいません。

    ヤマツツジの赤い色も綺麗で、
    霧の中の山歩きも良い雰囲気を味わえるものなのですね。


    あと、僕も高所恐怖症でございます。
    今後ともお見知りおきの程をよろしくお願いいたします。

  • hanasaku | 2012.06.11 15:42

    いい雰囲気ですね
    去年確か赤ゾレ、馬駈けを歩いたような?
    小さな池に覚えがあります

  • 産六 | 2012.06.11 16:47

    ke-nさん、初めまして。
    コメントありがとうございます。

    私もアンニョンさんや団子さんのところからちょくちょくお邪魔させていただいておりました。
    奇麗すぎる写真に圧倒されております。
    それと、とても高所恐怖症とは思われない山行に。(笑)

    赤ゾレ山近くの池は後で知ったのですが、ハート型に見えるらしいですね。
    たまたま撮った写真は少しいびつですがややハート型に見えなくもありません。(^^
    ちょうどカメラマンの方が霧の中に佇んでおられました。
    あの重い機材を担ぎ上げられるのは大変でしょうね。

    木梶林道はおっしゃるように、高見峠との分岐を過ぎると地道になって
    木原滝駐車場の先に車止めがありました。
    木原滝駐車場までは関係なく入れると思います。
    車止めはもう少し先にもあって、普段は開いているようで
    作業しているときは閉めてあるとかネットでは書かれていました。
    奥には2,3台のスペースと路肩の膨らみに何台か置けるようです。
    2組の方と話ししましたが、地蔵谷、木屋谷が人気みたいですね。

    こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

  • 産六 | 2012.06.11 16:59

    hanasakuさん、こんにちは。
    昨年の12月に奇麗な霧氷の中を・・・。
    いいなぁ、いいなぁ、とため息をついたものでした。(笑)

    金剛山をご一緒させていただいた時、その時の話しを聞いて漠然と地理関係は掴んでおりましたが、この機会にネットで予習に励み、地蔵谷、木屋谷は宿題としても、とりあえずは周りの状況だけでも掴んでおこうと、一番分かりやすそうなルートを選びました。

    木梶吊尾根はエエ雰囲気でしたし、
    ボンサイ平というのも前後した方から耳にして
    今度は晴れ渡った日にもう一度リベンジしてみたいですね。

  • ke-n | 2012.06.11 17:21

    彦六さん、さっそくのお返事ありがとうございます。

    林道の状況も助かります。
    この辺りは自然林も美しいようですね。
    紅葉が美しくなる頃に、歩いてきたいと思います。

    勝手ながら拙ブログよりリンクさせていただきました。
    不都合なら遠慮なく仰って下さいませ。

    高所恐怖症は本当ですよ。
    登ったは良いが、下を見て怖くて降りられないっておバカなことを
    よくやらかしております(笑。

    いつかどこかのお山でお会いできますことを
    楽しみにさせていただきます。

  • 産六 | 2012.06.11 18:25

    ke-nさん、こんばんは。
    私も紅葉の時にぜひとも行ってみたいと思っています。
    雨上がりは記事にも書きましたが、水溜まりだらけなので、気分次第では
    高見峠への分岐あたりのスペースに停めておこうかとも思っています。
    当日もところどころに3台駐車していました。
    4駆だと躊躇せずに入れるのですがね。

    リンクありがとうございます。
    こちらからもリンクさせていただきました。

    どこかでお会いできるかも…と考えただけでも
    山へ行く楽しみが増えますね。

  • 団子 | 2012.06.11 18:46

    ガスの中の森も風情のある景色で良いですね。

    実は私 高見山トンネルを掘るときの地質調査に関わってましてね。(笑) 
    大台町の旅館から毎日キワラ谷へ行ってました。1日5000円やったと思います。当時 破格のバイトでした。
    雨だと鳥羽へ行って遊んでいても1500円もらえた。
    日当1000円くらいの時代で かなり美味しい仕事でした。

    コードを指定された場所に取り付けるて ほぼ直線コース
    今考えたら 高見山トンネルの真上になるんでしょうね。
    ダイナマイトを爆発させて人工地震を起こして 地質調査する仕事でワクワクする仕事でした。
    2週間ほど居ましたかね。楽しかったのを覚えています。
    変わった経験をさせてもらったバイトでした。

    もう忘れていたんですが 「キワラ滝」でふと思い出しました。
    すみません私の思い出話で。

  • nikkor14d | 2012.06.11 19:18

    動画を拝見すると、
    ハッピノタワまでの登りと木梶山からの下りが無いようで、
    かなり過酷だったのかと、お察しします(笑)
    ガスが出た台高は、迷ってしまいそうで恐いです:-)

  • 産六 | 2012.06.11 21:37

    団子さん、こんばんは。
    学生時代のバイトには懐かしい思い出がいっぱい詰まっていますね。
    5000円とは今でも通用するほどの破格の日当で、
    ま、それなりにかなり危険でもあったのでしょうが。
    高見トンネルは昭和42年頃に工事が始まったとかで、その頃はまだ高校生でした。

    高見トンネルを通るたびに団子さんの(覆面した)顔が浮かんできそうです。(笑)

  • 産六 | 2012.06.11 21:46

    nikkor14dさん、こんばんは。
    木梶山からの下りは立木に掴まるほどでしたが、ハッピノタワへは普通の登りです。
    が、面白みの全くない道でした。(^^;

    ガスがなかなか晴れないので木梶山へ回りたいが不安もあり、よほどピストンしようかと大いに迷いましたよ。
    GPSとブログに貼付ける地図の形が背中を押してくれました。(笑)

  • 団子 | 2012.06.12 7:31

    42年からですか 私がバイトしたのは47年でした。
    確かに トンネル入り口らしきものは出来ていた気がしますが
    あのくねくねループの道は無かったですね。

    ボーリングの方も一緒に居ましたので
    ボーリング用の鉄パイプを運び上げるのがめちゃくちゃきつかったのを覚えています。
    発破組は ケーブル用に毎日草刈りしてました。
    もちろん 発破も経験しましたよ。これが楽しい(笑) 

    ちなみに42年は 私も高校生1年かな。。。

  • 産六 | 2012.06.12 8:19

    団子さん、おはようございます。
    完成したのが59年とありましたから、長い年月がかかっていますね。
    ちなみに59年は妻帯した年で、その頃に166が今のように開通したとすると、それまではあの旧道を含めて酷道だったことでしょうね。

    お互い、紅顔の美少年(?)時代もあったわけで・・・。(笑)

  • 蜻蛉 | 2012.06.12 21:39

    夜分・・・失礼します。

    遠征となると朝の5時起きですよね。
    キワラ滝駐車場が、午前7:30だと河内長野からだと2時間ぐらいなんでしょうか・・・。

    いずれにしても早起きは苦手なので難しいところです。今年の1月末に薊岳を目指して敗退したのを思い出しました。ガスっている樹林の中でのヤマツツジの落花が何とも言えない情緒があります。

    はぁ・・・あっちこっちの山々に行きたい(ノω・、)ウゥ
    もう少しの筋力と金力が欲しいところです。時間も・・・

  • アンニョン | 2012.06.12 21:53

    産六さん、こんばんは。
    霧に包まれた北部台髙の周回、楽しまれましたね。
    落石を撤去しての山行き凄いですね。
    初めてのルートなのですか、積極的ですね。
    やはりGPSがあると心強いですかね。
    この付近、池木屋山周辺にいいコースがたくさんありますね。
    行きたいですが、登山口までの距離がずいぶん遠いのでいまだ実現していません。

  • 産六 | 2012.06.13 8:05

    蜻蛉さん、おはようございます。
    朝の支度と着いてからの準備、落石撤去時間を引くと正味1時間45分でした。
    普段でも6時頃に目が覚めるともう寝られませんからね。年寄りは朝が早いです。(笑)
    お昼頃まで寝てやろうと思っても、寝ているだけの体力が無くなっているのでしょうね。

    梅雨の晴れ間を狙ったのに晴れ間には見放されました。
    ガスもとてもいい雰囲気ですが、やっぱ初めてのコースは全景を見渡したい…。

  • 産六 | 2012.06.13 8:13

    アンニョンさん、おはようございます。
    落石を見た瞬間は、こりゃあかん…と。
    めちゃ脆い幾重にも重なった岩質で、転がしてると壊れたり
    見た目ほどには軽かったので2人で片付けられました。

    ガスが晴れる気配がないのでピストンしようか悩みましたがGPSを信じて…。
    何ヶ所かで軌道修正できたので威力絶大ですね。
    (もっと地図読みの勉強せなあかんのですが)

    木梶林道は高見山登山口からすぐでした。大又へ行くのとほぼ変わらないような。
    ここは、地蔵谷や木原谷などとても気になるコースがあります。

  • ke-n | 2012.06.14 8:56

    産六さん、おはようございます。

    私、産六さまのお名前を完全に思い違いしており、
    本当にすいませんでした。
    大変にご無礼いたしましたこと、お許し下さいませ。

    拙ブログへもリンクいただきありがとうございました。
    産六さんのブログは自作されていて、
    とてもお洒落で見やすく操作しやすく仕上がっておりますね。
    ブログ下部にあるリンクもよく使わせてもらっています。

  • 産六 | 2012.06.14 9:29

    ke-nさん、おはようございます。
    産と彦、似てますね〜。
    全く気付きませんでした。(^^;
    ご丁寧なご挨拶をいただいて、恐縮です。

    リンク先、これはというのがあれば教えてくださいね。

  • 段平 | 2012.06.19 8:18

    産六さん。凄い。
    山選定&コース取り、毎回感心しています。
    これってバリエーションルートも含んでいますねぇ
    私等道迷いでバリエーション(単なる迷いでバリエーションでは無い)は歩きますが、基本、地図に無い道は行けません。

    相当経験と知識があるようですね、物凄く参考にならます。

    ちなみに(赤ゾレ山)には明神平に初めて行くのに迷って(アベ谷)を登り、赤ゾレ~国見~水無回りで明神平へ・・・
    JPSも持っていましたが気がつくのが遅かった、方向音痴です。

  • 産六 | 2012.06.19 9:17

    段平さん、おはようございます。
    地図読みもコンパスの使い方も思うようにはできませんし、
    相棒がいるのがすごい安心感で、一人だと地図に無い道は近場以外は行けません。(^^;

    一番怖いのは思い込みですね。我々二人はお互いが信用していないのが強みです。(笑)

    昨年の5月25日の記事拝見しました。
    実はアベ山谷右岸尾根のルートを探していたのが、バッチシ取り付き点の写真と軌跡が載せられているので参考にさせていただきます。(^^

    我が家のアケビも同じくらいの大きさで今年は7,8個実が付きました。

最近の山歩き

Copyright(c) 2012 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.