青空と霧氷に大満足の観音峰山から法力峠

2013-11-30

boo

観音峰山登山口駐車場8:47〜観音平9:27…9:32〜観音峰展望台10:05…10:10〜観音峰山10:40〜三ツ塚11:05…11:45〜法力峠12:43…12:47〜母公堂13:35〜洞川温泉14:02…14:12〜駐車場14:47

昨日麓から見上げる金剛山は真っ白に輝いていた。これはどこかに行かないわけにはいくまい。もちろん、手軽に霧氷の見られるところだ。しかし今日もまたの金剛山は期待薄だろう。となると、高見山、三峰山、観音峰山あたりか。観音峰山だと、少なくとも大日、稲村の霧氷に覆われた勇姿が見られそうである。観音峰山登山口駐車場に8時30分、ガラ空きである。吊り橋からすでに雪が薄らと積もっている。途中から見える頂仙岳は霧氷に覆われている。これは期待が持てそうだ。観音峰展望台からは予想通りの大日、稲村の勇姿。弥山、八経も陽の向きで奇麗には見えないが真っ白である。金剛、葛城や高野の山並みもはっきりくっきりと素晴らしい展望である、観音峰山山頂にも霧氷が付いているのが確認でき、溶けないうちにと先を急ぐ。

観音峰展望台を過ぎて最初の急坂を上ると、今季初の霧氷が出迎えてくれる。青空が広がり白く輝く霧氷は溜め息出るほどの美しさ。スケールこそ小さいが、満足、大満足である。相棒が娘(妹)から借りたデジカメを落とすというハプニングもあったが、さいわい雪が積もっていたのと本日一番乗りだったので足跡をたどって思ったよりも早く見つけることができて、メデタシ、メデタシである。

三ツ塚手前の大日、稲村を展望できるところで早めのお弁当。風もなく暖かでのんびりと過ごす。この間に単独の方が2人ほど通られたようで、あと法力峠で単独のテン泊装備の女性と話を交わし、直接会ったのはこの方1人のみ。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.