開田高原、野麦峠、乗鞍高原で紅葉にどっぷり浸かる

2013-10-22

boo

いつものように娘の三連休のお供を仰せつかって、今年は白骨温泉に予約を入れる。ところが台風27号。当初は23日頃に本土接近との予報で、キャンセル料の発生しない4日前に旅行は断念。したはずだか、27号はノロノロ運転に切り替わって、雨さえ覚悟すれば出かけられそうである。急遽前日に乗鞍高原・山水館信濃さんに予約を入れて、高速料金を浮かそうと名阪〜東海環状、豊田松平で降りて足助街道からR153。やや色付いた山村風景の中の快適に整備された国道を一人旅していると、仕組まれたとしか思えない50km規制の罠に見事に嵌って、ボッタクリ・チャリンチャリンシステムの振り込みお客様ご案な〜い。もっと汗水垂らして働けよ、エエ若いもんが。

奇麗な紅葉で胸くそ悪さを吹っ飛ば・・・せるのか?

木曽福島でR19から分かれてR361旧道の地蔵峠へ。地蔵峠展望所からは残念ながら御嶽の上には雲がかかって全体の勇姿はまたのお預けとなったが、旧道は道も狭いので迫り来るような迫力ある紅葉に気分も上々で開田高原へ。ちょうど昼時で、もちろん新蕎麦のざる大盛り。満腹した後は近くを散策して先へ進もう。次なる展望スポットの御嶽と裾野の広がりが見事な九蔵峠からも全容は拝めずにここは素通り。しかし、野麦峠への分岐までのR361は赤、黄。オレンジの綾なす紅葉街道。

地蔵峠から御嶽。勇姿は隠れたまま

地蔵峠から乗鞍岳、多分右端が剣ヶ峰

木曽駒の里から御嶽。手前はブルーベリーの木の紅葉

野麦街道の紅葉も素晴らしいの一言。何ヶ所か停まりたいところがあると大概カメラと三脚の先客あり。野麦街道は酷道のイメージがあったが思っていた以上に走り易い。標高1672mの峠周辺は見頃を少し過ぎた感じだが乗鞍の展望はいい。時間があれば旧道をハイキングしたいものだ。奈川村への下りは快走路ながら紅葉は峠近くのみ。下り切って乗鞍スーパー林道から乗鞍高原に入るつもりを、くねくねカーブに飽いた家内の鶴の一声で奈川渡ダム経由のトンネルだらけの平坦路で乗鞍高原へ。残念なことしたなー。

野麦峠から乗鞍岳

野麦峠の館の裏の池

その近くに咲き残っていた花とトチの実

宿に着く前に一の瀬園地。初めて行くまいめの池。気持ちのいい高原、気持ちのいい池、思わぬ青空、見頃まっただ中の紅葉、乗鞍山頂も見えている。満足、満足。宿に着くと夜の散歩はお控えください。ん? 熊がウロウロしているらしく前日もゴミ箱が荒らされたとか。怖! 乳白色の温泉に浸かって新蕎麦と茸満載の夕食に堪能して、疲れと酒で寝入った間に女二人は露天風呂で奇麗な星空を見上げたとか。

まいめの池へ

まいめの池

まいめの池に映し出される乗鞍岳

まいめの池

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.