大和葛城山のデッキで、まったりとお弁当。いい季節になりました

2013-09-21

boo

明日は葛城山麓で予約した鴨肉を受け取るついでに久し振りに北尾根から上ってクジラの滝コースを下ろうかと思っていたが、先日の台風でクジラの滝コースが通行止めらしい。しかも天気予報では雨模様。ならばと、山歩きは土曜日に水越川公共駐車場からのいつもの周回コース。結局日曜日の雨気配は空振りで、またまた天気予報に振り回されてしまった。さて、駐車場から青崩に下りトイレを済ませて天狗谷道へ。登山道は台風の影響であちこち崩れて金剛山はモミジ谷を思わす雰囲気である。

登山道に入ってすぐ。右手の斜面が崩落している

今までは沢沿いを歩いているという意識はあまり無かった天狗谷道だったが・・・

この鎖場、家内はストックを立てて通過できるが、オヤジはストックは左手に右手は岩を掴んで

足下はそれほど悪くない

水場を過ぎると全く台風の影響は受けていない。崩れ落ちた水場付近を補修してくださる方と言葉を交わしていると汗が止まらなく噴き出てくる。無性に暑い。まだまだこんなところで、もしや、熱中症...なんて不安になる。で、よ〜く考えてみると前日に買った300円の吸湿速乾Tシャツが機能を果たさず熱が籠ってしまっているようだ。すぐにいつものTシャツ(それでも1000円)に着替えると、あ〜ら不思議、回復である。中程のベンチで冷たいナシをいただいてさらに元気回復。

堰堤工事のための迂回路

山頂に立って360度の展望を楽しみススキの中をツツジ園の展望デッキに向かう。太陽は照りつけているが爽やかな高原風景。少し霞んでいるが高見山から台高、大峰、金剛山から岩湧山まで180度見渡す中で1時間、このデッキでのんびりと過ごすのがささやかな贅沢。

高見山が見える

大和葛城山のススキはホッとしたような優しい感じする

お決まりの金剛山

大峰を背景に気持ち良さそうなパラグライダー

愛妻弁当と第三のビール、肴は鯨の大和煮と心地よい風景

パラグライダーの基地から麓を見下ろしてダイトレを水越峠へと下る。こちらは台風の影響は全く無し。ほとんど下り切る頃に登山スタイルの若者と制服姿のおまわりさん。少し後から息も絶え絶えのおまわりさん。さらに、屈強の若いおまわりさんが2人、登山口でまたまたおまわりさん。何があったのか知らないが、おまわりさんも手探りで登っていくようだ。飲み物も持っておられないようだったのでお茶を1本。駐車場を出ると旧道で救急車と擦れ違い、消防車(多分、レスキュー)と擦れ違い、国道ではパトカー2台と擦れ違う。う〜ん、気になる。

パラグライダーの基地から

ダイトレに吾亦紅

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.