終日雨を覚悟した伊勢旅行だったが・・・

2013-09-04

boo

娘の連休のお供を仰せつかってあれやこれやと行き先を考えたが、落ち着いた先は「困った時のお伊勢さん」。我が町・河内長野からだと高速を使わずに日帰りでも行ける手軽さがいい。週間予報ではまずまずのお天気のようなので、CMに乗せられた大江戸温泉に予約を入れる。民宿並みの料金で部屋・風呂または料理・食事のどちらに重きを置くかの選択である。ところが出かける直前になって思わぬ伏兵。台風17号が近付いて前線が刺激されて雨マーク一色に。ま、宿に閉じ篭って温泉三昧もよかろうと覚悟を決める。大宇陀を過ぎて高見山登山口を過ぎる頃からはワイパー全速でも見辛い時があるほどの雨脚。三峰山のゆりわれ、福本の登山口入口を過ぎて道の駅・飯高まで2時間少し。ここの食堂は結構いけるのだが、今日は定休日。高校生レストランで有名な「五桂池ふるさと村」でお昼ご飯。サニーロードから五ヶ所湾に向かう頃には少し雨脚も緩くなって前方は明るい感じで、オォ! 海まで着くと雨が降っていない。宿のある浜島を通り過ぎて賢島。賢島エスパーニャクルーズであご湾遊覧である。船に乗るのは久し振りでちょっと嬉しい。風は強いが湾内は穏やかで青空まで見えている。日頃の行いが余程いいのだろうか? 乗客は3組9人で展望デッキは貸切状態。諦めていた船にも乗れてヨカッタヨカッタと宿に向かう。下船後40分ほどで一雨来て宿に駆け込む。テレビでは名古屋市内の冠水を伝えており、酷い日に来たものだがそんな中でも天候には恵まれたようだ。その後降ったり止んだりしていたが、夕食時分には稲光と稲妻が物凄かった。明日は雨ならチェックアウトぎりぎりまで宿の温泉に浸かって一路帰るのみ。さて・・・?

賢島エスパーニャクルーズ「エスペランサ」

出航

思わぬ青空に気分は高揚

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.