寒いから早く下ろうよ、と催促された金剛山

2013-07-27

boo

水越川公共駐車場8:45〜太尾塞跡10:05...10:15〜国見城跡10:47...11:24〜一の鳥居11:44〜パノラマ台12:18…12:28〜水越峠13:15〜駐車場13:23

今年は「梅雨明けしたら白山」と夏が来るのを楽しみにしていたが、お天気や仕事や体調の巡り合わせが悪くてなかなか思うようにはいかない。この週末も空振りで、とりあえずは近場の金剛山。水越川公共駐車場からは最も近い登山口の太尾道(駐車場から直ルートもあるが、また行こうという気にはならない)を行く。西尾根ルートとの合流点では先週まとわりつかれた蜂さんが出迎えてくれる。随分と気に入られたものだ。今日は蒸し暑くて汗が吹き出るのが止まらないが、時折吹く冷やこい風がとても気持ちいい。ここまで来た甲斐があったというものである。

太尾道はメリハリあって楽しい道

ついつい離れてしまう。仲良く一緒に歩くのは難しい

ここを登り切れば太尾塞跡のベンチが待っている

太尾塞跡。左が今登ってきた太尾道で右に下るとダイトレから水越峠へ

ガスがかかるといい雰囲気。右の写真は六道の辻

大日岳の温度計は20度

山頂からはガスって景色は全く見えない。が、日陰に居るととても涼しい。ほろ酔い加減で少しまったりしていると、冷たいコーヒーを飲んだ家内が「寒いから帰ろうよ」と宣わく。先週も熱いコーヒーを持ってくればよかったのにと学習したはずなのに・・・。もう少し余韻に浸りたかったが、ま、仕方ない。仰せに従うとしよう。

今日は350缶で我慢。弁当はじゃこメシとプランターで穫れたシシトウの佃煮がメインで少し物足りない・・・

下りはダイトレ。パノラマ台にいい風が吹いていたので休憩していると、葛城山から来られた単独男性にヤマユリが咲いているよと教えてもらう。山の中では初めて見るので感動である。感謝! 一度目に入れると見つけやすいのか、金剛の水で汗を拭ってからもあちこちで目に入る。退屈な林道歩きも今日は苦にならず、いい半日だった。

近寄ると匂いにむせびそうになる

あちこちに

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.