小雨降る中を、ササユリでも見に行こうかと岩湧山

2013-06-23

boo

岩湧山登山口8:50〜カキザコ9:16〜山頂10:50...10:57〜きゅうざかの道分岐11:20...11:50〜五つ辻12:08〜四季彩館12:52…13:12〜自宅15:20

滝畑の岩湧山登山口まで送ってもらう。今日は車に戻らなくてもいいので、どこへ下るかは気の向くまま足の向くままである。登山口の温度は21度。歩いていると汗が吹き出てくるが、時折吹く風が涼しさを運んでくれる。小百合道分岐手前の杉林を抜ける頃には小雨が降り出し、ザックから傘を取り出す。野いちごを1粒、2粒賞味していると、関西サイクルスポーツセンターあたりで見かけたトレラングループに追いつかれる。このあたりからササユリもちらほらと見られるようになる。

今年お初のササユリ

ササユリの季節に滝畑から上るのは初めてである

平野に着くと雨も上がって、山頂ではのんびりできそうな期待。前々日の雨で少々痛めつけられたがまだまだ蕾も多くササユリを愛でながらのんびりと山頂を目指すと、麓からどんどんとガスが上がってくる。山頂に着いた時には360度視界0である。少し休憩するつもりが、またもや雨に降られて退散。

山焼きのおかげで緑がとても奇麗

この頃にはまだ三国山も見えていたのだが・・・

ガスに包まれてきた

平野〜山頂

雨に追われて広場を後にする

ここからの下りにはササユリがたくさん咲いている。ササユリに堪能してきゅうざかの道を上がったところにあるベンチでお昼ご飯。少々の雨なら杉木立が遮ってくれる。いわわきの道方向からたくさんのグルーブが立ち止まっては近くにある案内図を見るので少し落ち着かないが、雨に祟られるよりは随分とましである。

右のササユリはズームいっぱいで。ええカメラが欲しいけど・・・

傷んだものも多いが、あちこちいっぱい咲いている

後ろ姿も美形である

金剛、葛城、岩湧の山にはこの楽しみがある

トイレ対面のヤマアジサイが奇麗だったので、いわわきの道を下ることにする。ところがこの道はヤマアジサイが奇麗だった記憶があるのだが、思っていたほどではなく、こんなことなら紀見峠駅か天見に向かったほうがよかったみたい。途中のデッキ脇からぎょうじゃの道への進入路が整備されたのか、本線のように見えて引き込まれてしまった。そのまま下ってもよかったが四季彩館で休憩したかったのですぐに軌道修正。四季彩館のデッキには野鳥愛好のグループが居られて、写真の鳥はアオゲラとか。もっともシルエットになってしまったので何でもいいが。さて、岩湧の森に下ってしまったので、家までは歩くしか仕方ない・・・、か。

いわわきの道には白いササユリが一輪。そして、アオゲラのシルエット

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.