白兎海岸の青い海と道の駅ツアー

2013-06-08

boo

【6月8日】
5時、もう明るい。西紀SAで朝食休憩。名物の黒豆パンは7時開店までまだ少し時間があるので見送る。北近畿豊岡自動車道が養父まで延伸なってストレス無く道の駅「ようか但馬蔵」に着く。が、時間が早すぎてトイレ休憩のみ。「ハチ北」「村岡」も開店まではまだ時間がある。「白兎」では白兎神社に参拝して砂浜に出で約50分の休憩。久し振りに見た真っ青な大海原に感動する。
次の休憩ポイントは「お台場」で、お目当てのラッキョを2kg。すでに「やっちょん広場」で2kg購入済みなので、今年も4kg漬けることになる。11時過ぎ、御来屋漁港の地魚料理「恵比寿」到着。白イカと前日境港に上がったというマグロ満載の海鮮丼スペシャルは旨かった! の一言。デザートは「恵比寿」から車で数分のたまご屋工房「風見鶏」のでっかいシュークリーム。150円の値段にも感激ものだが、お店でいただくと無料のコーヒーまで付いている。お土産にロールケーキとたまごを買って帰り、早速たまごかけごはんにしてみると、これがメチャ旨い。
一仕事終えて皆生温泉「おーゆ・ランド」に行くとちょうど大山登山を終えた韓国からのツアー客と入れ替わり。最近体調悪く山からは遠のいているので羨ましい限りである。前回山へ行ってからちょうど1ヶ月。大和葛城山のツツジもあちこちのシロヤシオも指をくわえて見ているばかり。そろそろ歩きに行きたいものである。

【6月9日】
今日はお買い物ツアー。まずは蒜山ジャージーランドでジャージー牛の薄切り、さいころステーキ、すじ肉、バラ肉を仕入れる。ジャージー牛はコクがあって肉の旨みが味わえる。次に宝福一の健康酢を買うために道の駅「犬挟」へ。ん、こちらのラッキョのほうが「お台場」より安くて良かったみたい。次なる楽しみは道の駅「久米の里」の津山ホルモンうどん定食。米粉パンのおいしいデザートにもありついて、ホルモン関係のいろんな珍しい食材をお土産にでき大満足の「久米の里」を後にすれば、一路我が家を目指すのみ。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.