エコ登山で雪と霧氷に堪能した金剛山(ワサビ谷左岸尾根)

2012-12-11

boo

自宅6:20〜鳩原7:00〜千早本道登山口8:10〜カトラ入口8:40〜国見城跡9:50〜国見城跡(2回目)11:30…11:50〜千早本道登山口12:40〜鳩原13:45〜自宅14:20

千早の集落

週末はお天気も悪そうだし気温も上がりそう。せっかく積もった金剛山の雪もどうなるのか分からないのと、ちょうど時間も空いたので(年末ヒマじゃ年を越せないかも…)前夜思い立って、「明日は金剛山まで歩いて行こう!」 路面状況も気になるし、経費節約にもなって一石二鳥である。ところが慌ただしく決まったものだからスマホの充電を忘れてログが取れない。金剛山だからよかったものの初めてのところだとGPSも使えないので大チョンボである。GPSに頼ってばかりではアカンといういい教訓と思っておこう。さて、当日の朝は家族が寝静まっている頃に起きておにぎりを握り薄暗いうちに家を出る。ザックを背負って駅とは反対方向に住宅街を歩いていると不審人物のようでもある。ん、あまり寒くないなぁ・・・鳩原を過ぎてR309や小深の温度計は【プラス】1度。千早トンネルを越えても0度。こんなに暖かいはずじゃなかったのに・・・。

家を出る時には山頂への最短コース・千早本道を上るつもりでいたが、いざ目の前にすると、この階段は今日はいくら雪に癒されるとはいえ歩きたくない。下りに予定していたワサビ谷左岸尾根(今まで他記事を参考にワサビ谷ルートと表記してきたが、ワサビ谷に沿う訳でもないのでこれからはワサビ谷左岸尾根と書きます)を目指す。カトラ谷入口は堰堤工事も終わりスッキリとしている。メチャしんどかった迂回路から解放されてスムーズに谷に入れるようだ。そのお陰で目的のルートへの取付が分からなくなったが、よく考えればワサビ谷(カトラ谷に合流するところで堰堤工事がされていた)を越えてすぐに尾根に取り付けばいいだけのことである。なかなかの急坂で、しかも足の踏み場が雪に隠れてどうしても大股になってしまう。一汗も二汗も掻くと自然林が広がるようになって、霧氷が! 雪と霧氷に囲まれた至福の坂登りが続く。ん〜、ここに青空がありさえすれば!

青崩道への出口が見えた

国見城跡にはぽつぽつと2,3人。えらく空いてるなー。次は大日岳の様子を見に行こう。途中の雪のボリュームはなかなかのもので雪を踏みしめる足取りも軽い。そのまま展望台に向かうつもりが用を足したくなって山頂トイレに。この時温度表示はマイナス4度。そんなに寒くは感じない。葛木神社裏からブナ林に寄って一つ目のおにぎりを立食いし、ダイトレを展望台まで。展望台では今までで一番の景色を楽しめた。

国見城跡の上から見る霧氷も、いい。吹雪くと、さらにいい

大日岳もいい感じ

売店のつららも見事に成長

ブナ林から見る大和葛城山も雪化粧

展望台から千早園地の中を遊歩道に下る道はあまり人も通っておらずふかふかの新雪。ここで誰にも見られないのを確認してちょっと子供心に還る。はしゃぎ過ぎたせいか遊歩道も雪化粧はしているものの、ちょっと食傷気味で感動も薄れ二度目の国見城跡。この時の気温はマイナス3度。今日は全く寒くない。先週はブルブル震えて今回は冬装備も万全に用意しているのに防寒着の出番はなく、先週より薄着ですらある。そういえば先週は凍り付くような風が吹いていたが今日はほとんど風がない。体感温度が全く違うのだろう。ベンチに座って二つ目のおにぎり。コーヒーものんびりと楽しめる。

千早園地展望台

いびつな三角むすびしか握れない

おにぎりを食べていたら、一瞬の青空が!

千早本道から垣間見える斜面

銀世界はもうお腹いっぱいなので最短コースの千早本道を下る。水場でアイゼンを奇麗に洗ってストックも収納すれば手も足も軽くなって、あとは舗装路をたんたんと下るだけである。青空広がり穏やかな陽気の鳩原で最後のおにぎりと残ったコーヒーで小休止。あ〜、今日はいい一日であったことか!(まだ午後2時前だが)

日が射すとこんなにも奇麗

鳩原まで帰ってくると、青空が広がるいいお天気だ

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.