鈴鹿の上高地、上水晶谷左岸尾根〜御在所岳、ブナ清水で秋味満腹

2012-11-04

boo

朝明渓谷駐車場7:20〜根の平峠8:27〜鈴鹿の上高地9:07...9:12〜上水晶谷出合9:41...9:55〜上水晶谷左岸尾根1066P10:40...10:45〜上水晶谷左岸尾根1155P11:00...11:05〜御在所岳11:30...11:40〜石門12:25...13:00〜国見岳13:10...13:15〜ブナ清水14:15...14:30〜ブナ清水分岐14:57〜朝明渓谷駐車場15:43

鈴鹿の上高地というところがあるらしい。ブナ清水もさぞ紅葉の頃には良かろうと思っていたので、紅葉が稜線から中腹へと降りてくる頃を見計らって久し振りの鈴鹿詣である。鈴鹿の上高地とブナ清水を繋ぐには上水晶谷を遡って国見峠に出るのがよいと思っていたが春に通ったばかり。たまたまネットで上水晶谷左岸尾根を伝って御在所岳に登る記事を目にすると、急坂ながらも尾根通しで道迷いの心配もなく自然林が続くという。早起きしたつもりだが、西名阪・名阪・東名阪と車が多い。朝明渓谷駐車場の管理人も大忙しで雑談する暇もない。渓谷沿いはいい雰囲気だが見上げる中腹はこれからなのか終わりつつあるのか少し期待外れと思っているうちにブナ清水との分岐点。黄葉の森にテンションが上がる。根の平峠からタケ谷に沿って薄い踏み跡をテープを探しつつ何回か渡渉して鈴鹿の上高地への入り口を探す。

根の平峠へは黄葉が美しい

根の平峠からイブネ。この青空が一日続いてくれると嬉しいのだ

小さな渡渉を何回も繰り返す

愛知川が見えると右岸に沿って癒しの森が広がっている

左に入れそうなところを入ったり引き返したりしたが、何のことはない、愛知川に出会う寸前までずんずん進めば自然と鈴鹿の上高地と呼ばれる愛知川右岸台地の森に行き着く。広々とした平らな雑木林といった雰囲気のいい森で田代池らしき湿地もある。ナントカ銀座、ナントカ富士といった権威を借りてくるようなネーミングは好まないが、見飽きぬ空間が広がって決まった道などないので好きなところを好きなように歩き回れる。そのまま愛知川に沿うと上水晶谷に突き当たり対岸に渡ると、踏み跡は上水晶谷から少し離れ上水晶谷左岸を進む。

鈴鹿の上高地のシンボルとか、桂の大木

好きなところを歩き回る

上水晶谷に出合うと対岸に渡る

炭焼きの窯跡。鈴鹿では随所に見られるらしい。その頃はここで生活していたのか

上水晶谷と旧千種街道との出合の川原で小休止。ちょうど団体さんが根の平峠方面からやってこられる。ここまで昨日テン泊したと思われる若者4人組と単独男性3,4人と会っただけで、これから向かう上水晶谷左岸尾根でも御在所岳までは寂しい山行になると思っていたのだが、この団体さん、2組に分かれて目的の尾根を先行されたようである。さて、上水晶谷左岸尾根へは踏み跡もテーブもないので傾斜の緩そうなところから取っ掛かる。最初しばらくは油断するとズルッと滑ったら転がり落ちるような急傾斜。我慢して木の幹を掴みながら身体を持ち上げるようにして上っていく。自然林の紅葉した中であることが唯一の救いである。誰一人周りには居まいと相棒と大声で嘆声や歓声を上げていると、前方に人だかり。ん、さっきの団体さん? それからはお互い休憩で追いつき追い越せしているうちに団体さんの先発組と後発組の間に挟まれ、なんともなぁ…。

上水晶谷と旧千種街道との出合で一息。右岸を伝うと国見峠へ

上水晶谷左岸尾根はしばらく急登がつづく

奥に見えるのは(多分)国見岳

P1155では展望も開けて少し進むと御在所岳も指呼の間に姿を現す。少し下って上り返して笹原の中に入って踏み跡も分からなくなり適当に進んでいくと、突如武平峠からの登山道のナントカ碑の前に出て観光客が記念撮影で順番待ち。御在所岳三角点はすぐのところで、こちらも登山者・観光客でごった返しの状態。オヤジがへたり込んでいる間に相棒は望湖台へ。展望抜群だったそうだが、オヤジは高い所が嫌いである。遠くに雪を冠った独立峰が3つ見える。多分、御岳、乗鞍、白山だと思うが、地図を取り出して山座同定するのも面倒なのでそういうことにしておく。間違っていても誰に迷惑をかけるでもなし。

P1155で展望が開ける。正面に雨乞岳

望湖台にはたくさんの人が

今回一番奇麗だった中腹の紅葉

上水晶谷左岸尾根を振り返る。奥にイブネ、クラシ

御在所からの紅葉は頂上付近はほぼ終わり、見渡す中腹も期待したほどではなかった。ここで昼飯を食べるのも落ち着かないので国見岳への途中で適当な展望岩上テラスを探すが、いずこも満員御礼。仕方ないので石門横の岩に座を占めてラーメンとコンビニおなぎりである。食後石門からの雄大な展望を楽しんで後のお客さんに席を譲って後片付けしていると例の団体さんのご到着。よくよくご縁があるモノだが、国見岳、キノコ岩までまたまた前後してキノコ岩は一足違いで遅れを取ったので、キノコ岩を眺める岩場でまったりと麓の眺望を楽しむことに。

一般登山道に出ると鎌ヶ岳の鋭峰

御在所から国見岳

石門からの眺望

国見岳から伊勢湾を望むも肉眼でもぼんやりと霞んでいる

国見岳周辺には眺望のいい岩上テラスがあちこちにある

左にきのこ岩、奥に雨乞岳〜イブネ、クラシ

きのこ岩の隣の岩から見下ろす伊勢谷の紅葉

この後、ブナ清水までご一緒するようなことになるとどうしようと思っていたら、漏れ聞く話し声に「ハライドはあっちかな?」と。ハライドに向かわれるようである。心の中で、ガッツポーズ。ブナ清水へと下っていく。ブナ清水に近付くにつれ見事な紅葉の森。日本庭園のようなところもあり、起伏に富んでいるので鈴鹿の上高地とは違った風情が楽しめる。ブナ清水の前で感じのいいご夫婦と会話を交わしてのんびりとコーヒータイム。立ち去り難いが重い腰を上げる。旧千草街道のブナ清水分岐までも紅葉を腹一杯賞味して、大満足の鈴鹿の秋であった。

ブナ清水へ

ブナ清水、大岩の下から清水が流れ出ている

さあ、宴は終わった

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.