秋の花を見ようと金剛山(青崩、細尾谷、松の木)

2012-09-12

boo

水越川公共駐車場6:18〜青崩登山口6:30〜セト7:40〜国見城跡8:14…8:24〜細尾谷折り返し9:04〜国見城跡9:52…10:12〜松の木道降下点11:21〜セト12:02…12:09〜青崩登山口13:00〜水越川公共駐車場13:10

週末お天気が崩れそうだと、この暑さで「ま、いいか」とついつい出かけるのが億劫になって、しばらく歩けて(歩いて)いない。ちょうど家内と娘がバスツアーに行く日の早朝に駅まで送るよう仰せつかったので、午前中だけでもT困った時の金剛山Uに行くことにする。こちらの記事にも大いに触発されて、この時季には歩いたことの無い青崩道。水越川公共駐車場には2番目の到着である。なるほど、青崩道は花が多い。イヌショウマが随所に見られ、国見城跡直下はお花畑。狙いのテイショウソウとトリカブトには出逢えたが、ここではツルニンジンにはお目にかかれなかった。

お地蔵様の傍らにトリカブトが

青崩道にはイヌショウマが花盛り

見たかったテイショウソウ

国見城跡直下のお花畑

朝露とツリフネソウ

軽く行動食を腹に入れて、さてこれからどうするか。1度登ったことのある馬の背ルートを下って寺谷から登り返そうと遊歩道を行く。が、入ったところは馬の背下山口を行き過ぎたところだったようで、下っていくとどうやら細尾谷のようである。こちらも1度登ったことはあるがすっかり忘れている。水量の少ない沢を気持ちよく下って小さな階段のところで、この先は沢沿いの道のはずでこのまま下って寺谷を登り返すよりここで折り返すほうが気持ちよく歩けそうかなとUターン。

間違って入った細尾谷

この先で沢の中を歩く道から外れると思うのでここで引き返す

葛木神社、ブナ林、転法輪寺と回って国見城跡広場の上の展望台。ここで単独の男性と女性と話しが弾んで、お二人は松の木道を下られるという。以前から歩きたいと思ってなかなか歩く機会がなかった道なのと、下りは迷いやすいポイントが何ヶ所かあるということなので厚かましくも便乗させてもらう。お二人とも健脚で付いていくのに必死だったが、ここでツルニンジンとご対面。いや〜、よかった〜。松の木道も今度は登りに使いたいいい道であった。

ブナ林から大和葛城山

思わぬところでツルニンジン

造形の妙、ヤマホトトギス

ミズヒキと?

美味しそうだが・・・

浄水場からセトへの近道を教えてもらってセトへ着いたのが12時過ぎ。お昼までには帰るつもりで弁当は持ってこなかったのでお腹ペコペコである。なんとか行動食で誤摩化すが、思い付きの予定外の行動はちょっと金剛山を舐めていたようで反省。しかし、いいこともたくさんあったなぁ。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.