頭上に星空、眼下に夜景、そしてご来光を満喫した鳥取大山

2012-08-25

boo

南光河原駐車場2:00〜六合目3:30...3:45〜山頂4:45〜八合目5:10...5:40〜七合目5:50...6:00〜一合目7:30...7:35〜南光河原駐車場7:55

大山には縁があって10回ほど行ったがいつも夏山登山道をピストンするだけで、今回は山頂からのご来光を楽しみに一踏ん張りしてみることにする。土曜日の深夜2時、南光河原駐車場は少し冷んやりとしていたが歩き出すと汗が吹き出てくる。初めてのナイトハイクであるが思っていたよりも明るく足下にも全く不安はない。六合目から見上げると満天の星空が広がり、見下ろすと米子と日本海に沿った町々の夜景が美しい。この感動を写真に撮る技術の無いのが悲しい限りである。

九合目の木道から振り返って米子の夜景。肉眼でははっきりくっきり

八合目までは上るにつれ、星空は近付き夜景は広がりを見せる。八合目から九合目までは頭上のお星さまと眼下の街の明かりに照らされた雲上漫歩。九合目からの木道に入ると…ん!…眼鏡のレンズが曇ったのか…いや…ガス、ガスに覆われてるではないか! 5m先も見えないほどの深い霧。とりあえず山頂へ。誰一人いない。みなさん避難小屋でガスの流れるのを待っておられるのだろう。さて、避難小屋で天候回復を待つか、不確実な山頂からのご来光は諦めて八合目まで下ってご来光を待つか?

山頂はすっぽりとガスに包まれている

生来のせっかち癖、待つのは、い・や・だ。下る途中で東の空が真っ赤に輝く。山頂はガスの中。雲の流れが速い、自然の躍動が手に取るように伝わってくる。2、30分経った頃お日様が顔を出す。夜が明ける。山頂を見上げれば、ガスは流れたようだ。ちょっと残念、『ま、いいか』と心の騒ぎを鎮めるのに数分。

東の空が明るくなりはじめた

日本海も判別できるように

山頂の雲も取れそうで、もう少し我慢の子であったらよかったかも・・・

日の出前の弓ケ浜

お日様が顔を覗かせる

八合目からのご来光。というのが、少しだけ心残り

サラシナショウマ

キュウシュウコゴメグサ

風強く寒かったので七合目あたりの風の遮られるところで朝ご飯。ここで大山に陽が当って麓にその影が映し出される影大山が見られて大満足。

影大山と中海

影大山と中海、弓ケ浜、日本海

ソバナ

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.