初めての山小屋泊で、御岳山満喫(前日)

2012-07-22

boo

梅雨も明けてお天気も安定するかと御岳山・五の池小屋に予約を入れると『空いてますよー』と。初めての山小屋泊が混雑しているのは避けたかったので、まずは一安心。昨年は田の原から上ったので、今回は濁河温泉から上って五の池小屋に荷物を預けて継子岳と剣ケ峰を周回して御岳山の山上台地を満喫しようとの目論見である。登山口に深夜に着いて車中泊するのがベターだが、我が家のコンパクトカーで3人が寝るには無理な相談。かといって強行軍では体力に自信がない。で、濁河温泉近くの胡桃島キャンプ場で一夜を明かすことにする。

胡桃島キャンプ場は白樺に囲まれた気持ちいい野営場

日曜日、予想外の空模様。東名阪、伊勢湾岸、東海環状、中央道と雨が降ったり止んだりで木曽福島から開田高原に入ってもスッキリとはしない。まずは御嶽明神温泉・やまゆり荘で一汗流しておこう。もちろん、晴れていれば露天風呂から眺められるはずの御岳も雲の中である。素晴らしい白樺林のつづく高原道路を経て今宵の寝床・胡桃島キャンプ場へ。ちょうど雨も上がってこの間にテントを設営してしまおうと受付をして、明日は早朝にチェックアウトしますと話していたら、管理人さんが早朝からの撤収は面倒だから場内の避難小屋(畳敷きでテーブル、イスまである)を1サイトの使用料金で使ってもいいよとの有難いお言葉。

建物の中は広いので荷物の置き場に困ることはない

雨の心配もなく汗も流さずにのんびりと晩ご飯を楽しんで、早い就寝。・・・と、窓から見る空が明るい。おお、満天の星空が広がっている。北斗七星も初めてはっきりと見たような気がする。あっ、流れ星。希いを浮かべる暇もない。この星空を写真に撮る機材も腕もないのが口惜しい。明けて5時にキャンプ場を後にする。スムーズに移動できました。管理人さん、感謝です。

胡桃島キャンプ場の朝

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.