琵琶湖一周りのお花見ツアーのついでに、ちょこっと賤ヶ岳

2012-04-15

boo

リフト登山口9:07〜賤ヶ岳9:37…10:05〜リフト登山口10:45

日・月と娘の連休のお供を仰せつかったので久し振りの山歩き(しかも、日曜は晴れ予報!)を断念して、お花見ツアー。161号線は信号待ち数回というほど立派なバイパスが出来ていて浦島太郎気分で、まずは27年振りの海津大崎。よくて5分咲き、まだ莟のものも多く期待した桜のトンネルにはほど遠い。

海津大崎

満開にはほど遠かったが・・・それなりに

竹生島

奥琵琶湖パークウェイは湖に面したところは満開。走り抜けるには奇麗だが、風情という点では海津大崎に及ばない。ここからせめて一山でも登ってみたいというオヤジの我侭で、賤ヶ岳リフト乗り場駐車場へ。本来なら尾根と余呉湖湖畔を一周するハイキングコースを歩いてみたいところだが、ここは我慢で、リフトで登れるよという甘い餌で釣ってお許しをいただく。リフトに乗る家内と娘を見送ってオヤジは植林の中へ。20分ほどでリフト終点。なんや、えらいあっけない。ここからは展望も開けて少し登れば登山口から30分で賤ヶ岳山頂である。関西百名山、天下分け目の古戦場という肩書きを取り除いても気持ちのいい展望が広がっている。

登山口 左がリフト乗り場

リフト降り口からは琵琶湖と残雪の奥比良

賤ヶ岳から余呉湖 奥には残雪の山並み

秀麗な伊吹山

伊吹山の右手には少し顔を覗かせた霊仙山

リフトの下を2回くぐり抜ける 足で蹴飛ばされないように

賤ヶ岳から長浜までの湖岸道路は桜満開のドライブウェイ。道の駅は大混雑。長浜豊公園へは大渋滞。豊公園は諦めて本日のメイン・彦根へと向かう。これだけなら日帰りコースだが、彦根城の夜桜を見たく(アルコール抜きでは納まらないので)今晩はビジネスホテルでご1泊。駐車場待ちの大渋滞も免れて早めにチェックインして彦根城まで宴会食材を調達しながらぶらりぶらり。彦根城も京橋キャッスルロードも凄い混みようだが、これも花見を盛り上げてくれる。堀端の一角に座を占めて暗くなるのを待ちながら桜と人を肴に小宴会。初めて食する鮒寿司あり、琵琶湖で穫れた小エビの唐揚げあり、屋台名物イカの姿焼きあり、デザートにはたねやの甘味ありと舌鼓を打つその瞬く間に夕闇が迫って、ライトアップとぼんぼりに灯がともる。

全国区のゆるキャラを垣間見る

人の流れが変わって周りも団体さんが賑やかになってきたので腰を上げ、そぞろ歩きに夜桜見物。古城に桜は似合いすぎる。莟から満開の桜まで、花に酔い、人に酔い、酒に酔って、期待以上のビジネスホテルにご帰還、そして爆睡。。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.