これが見たかった! 青空の明神平で広大な雪原と霧氷に大満足

2012-02-19

boo

段平さん、アンニョンさんと立て続けに青空の明神平の記事を見て、こりゃ行かなーと、前日の雪で路面凍結の恐れはあるが晴れの天気予報に望みを託して、少々遅めの出発。五条から吉野にかけては道路沿いの木々も霧氷が付きすでに雪国に来た気分だ。何ヶ所か路面状態のヤバいところがあったが、だましだまししてやはた温泉手前でチェーン装着。大又集落までは乾いた道もありもう少しは無理すれば行けたみたいだったが、こんな時はスタッドレスが羨ましい。

この先、ず〜っと車の列。大人気だなぁ

駐車場はラス前のスペースが空いており38台目。10時と遅めの出発である。雪一面の周りの景色と青空にテンションは上がる一方だが、時間が経つにつれ雲とガス…おいおい…。明神滝で小休止して、雪の世界へのプロムロードの先には青空の少し見える明神平である。

おお、青空が見える。早く行かなくっちゃ

明神の滝

青空と白く輝く頂に期待は高まる

これが見たかった!

まずは明神岳へ。登り返してあしび山荘が見えるところでちょうど12時になったので昼食休憩。風も穏やかで雪の上に座っても寒さを感じない。青空も少しだが広がってきたようだ。この明神平が見たかったんだよなー。体力、気力を取り戻して雪一面の世界を楽しもう。しかし、明神平はほとんどの方がスノーシュー。ほんと、歩きやすそうで楽しそうである。

向こうは前山。三脚を据えたカメラマンが多かった

明神岳へは展望も素晴らしい稜線歩き。さて桧塚奥峰へのトレースはあるが、時間も少し遅いのと雪も深そうなのでここでリターン。明神平への分岐より前山への途中から見下ろす明神平は広々とした雄大な風景が楽しめる。ここで前山から明神平まで颯爽とヒップソリで滑降しようと…ん、新雪が深くて前に進めへんやないか。こりゃあかんわいと歩いて下りだしたが諦めきれずに、傾斜も緩やかだし踏み跡にステップが切られている訳でもないので少しでも圧雪されているところで試すと、おお、滑る。とりあえずは1回は楽しめたので、納得ということにする。

明神岳へは展望のいい稜線漫歩

前山へ向かう稜線から振り返って、明神岳?

この雪原、これが見たかった!

あしび山荘に戻る頃には先ほどまで雲に隠されていた薊岳も見えだして、展望にも納得して大満足の下山で、さらに退屈な林道歩きもヒップソリが大活躍。明神平での遊びは不発に終わったが、ここにきてヒップソリも大満足の一日となった。

帰る頃には金剛・葛城も

薊岳もやっと顔を見せてくれる

退屈な長〜い林道もヒップソリでラクラクご帰還

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.