ガスに包まれた綿向山だが、霧氷に雪はヨカッタ、ヨカッタ

2012-02-11

boo

早朝の凍結を避けるため、少々遅めの出発で綿向山へ。順調に水口町へ入るまでは青空!そして、期待! が、だんだんと雲に覆われた雪景色にと周りの風景が変わる。綿向山登山口のトイレを過ぎるとノーマルタイヤではギリギリの雪道。なんとか駐車場まで入るが、出発前から雪が降っており、嬉しいような嬉しくないような微妙なテンション。

駐車場から雪景色で期待は高まる、が、曇り空・・・

三合目小屋で小休止して補食。風はなく穏やかなのはいいが、残念ながら曇り空で青空は期待できそうにない。五合目小屋を過ぎると霧氷もしっかりと付きだして、七合目は一面の霧氷に囲まれた幽玄の世界である。ここからは霧氷のトンネルの胸突き八丁。くどいようだが、青空があればなー…。

七合目手前からは見事な景色にうっとりである

七合目からは階段状になった急坂を長蛇の列で進む

晴れ間は期待できそうにない

山頂間近

山頂はガスに包まれて展望も楽しめないので、本日のメーンイベントであるヒップソリを楽しみにとっておきのポイントへと向かう。幸福のブナの手前ではエビの尻尾もさらに発達しており、定番の幸福のブナくぐりも済ませて竜王分岐まで行くと、そこまであった踏み跡は消えて先行者はここから引き返したようだ。

山頂は視界不良、この頃はまだ風もなく穏やかだった...

とっておきのポイントへと向かうが・・・

視界もさらに悪くなり、風も強まる

幸福のブナ くぐり抜けるといいことがあるという・・・

晴れ間は無くても、ええ雰囲気だ

お目当てのポイント目指してイハイガに向けて少し進むと、膝まで潜り込む深い雪と視界を遮る漂うガス、さらに風も強くなってヒップソリを楽しむどころでなくなり、あえなく撤退。ま、ここまででも雪山の雰囲気を味わえたので再度山頂に戻りお弁当を食べることにする。

寒むっ〜〜

こりゃ、あかんわ

も一度、山頂まで

シートを敷く頃になって今まで穏やかだった山頂も、雪は降ってくる、風も強まると最悪の状況に。ブルブル震えながらせっかくの愛妻弁当を噛み締める余裕もなく胃袋に納めていると、出番がなく欲求不満のヒップソリが誰も乗せずにスルスルと滑り出す。あれよあれよと見ているだけだったが、幸い途中でひっかかって回収できてヨカッタ、ヨカッタ。

駐車場に戻った頃には、青空が!

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.