金剛山、ツツジオ谷二の滝とモミジ谷第六堰堤の氷瀑

2012-02-05

boo

おの@あびこさんからヒントをいただいて(奇しくも4日にアンニョンさんも同じコースを辿られたようなので、冬の定番コースとしてガイドブックに載るかも?)、ツツジオ谷二の滝とモミジ谷第六堰堤の氷瀑をどちらも上りで巡る欲張りプラン。今回は水越峠からだとしんどいので千早登山口の有料駐車場を利用。朝の8時、駐車場には雪が残っているが路面は問題なし。腰折の滝を過ぎてしばらく行くと倅のアイゼンが金具の付け根でトラブル発生。壊れてしまっている。ここでザックの中で数年間お荷物として眠っていた靴ひもが目覚めて、応急措置。しっかりと固定されてかえって歩きやすかったそうだが、5時間ほどの歩行で次回は耐えられそうにない。ま、引き返すことにならずにメデタシ、メデタシ。

腰折の滝、居合わせた方の話しによると2,3年前に凍ったことがあるそうな

少し凍った一の滝、そして二の滝へ。完全ではないにしてもまずまずの凍り具合といったところ。だが、奇麗です。満足して旧道と新道の分岐で行動食を食べて小休止。賑わいの二の滝ツアーのみなさんはほとんどが新道へ。雪の深い時は旧道が奇麗ですよー。と、静かな旧道を広場下までいくつもり、だったが、墓石群のまっただ中に出てしまった。ま、いいか。六地蔵さんに挨拶して国見城跡に着く。青空が広がり穏やかである。が、霧氷が無い。麓では−4度だったのが、山頂では−2度で日の光が降り注いでいるのだから仕方ない。

少し凍った一の滝

登山道から見る二の滝

滝下から見る二の滝

旧道は沢に沿って雪を満喫できる

六地蔵さん

長居する気にもならず一の鳥居の坂道の上からモミジ谷へと下る。踏み跡は少ない。ほぼサラサラの新雪を滑るように下る。気持ちいいが上ってくる人、ゴメンナサイ。誰にも会わずに本流ルートの分岐へ。分岐手前で下を見下ろすと次から次に登山者が本流ルートへと入って行く。モミジ谷ってこんなに人が多かったっけ? さて、第六堰堤の氷瀑。岩壁に張り付く氷はまだショボイが堰堤とその下の滝の氷瀑はかなり進んでいる。大いに満足して、雪に埋まる奇麗な沢を歩いて滑り落ちそうな急坂をこなせば、山頂。

もうすぐ本流ルート

モミジ谷第六堰堤

完全氷瀑ではないが、流れ落ちる水が少し見られるのもいい

第六堰堤の巻き道から滝を見る

11時半とお昼に近いからか山頂は大変な賑わいよう。時計台の近くの雪の上に腰を下ろして、さぁ昼飯だ。太陽は隠れて曇り空だが風はなく寒いというほどでもない。ここで飯を食べながら見ていると、たくさんの人が入れ替わり入れ替わりやってくるのだが、携帯電話片手にライブカメラに向かって手を振っている人がたくさんいる。これは楽しそうなので自分もやってみようと思ったが、よ〜く考えるとウチの奥さんはパソコンを使えないのであった。

愛妻弁当。玄米を六分搗き

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.