雪のもみじ谷本流から、霧氷咲く大賑わいの金剛山へ

2012-01-29

boo

今日はブログでお知り合いになれたhanasakuさんご夫婦と金剛山へ。こういう経験は初めてなのでワクワクドキドキもので、待ち合わせの水越川公共駐車場到着。心配していた雪は場内に残っている程度だが、朝からの好天気と麓からも見える白い金剛山に誘われてか、あっという間に満車状態。hanasaku隊が来られた時には空きスペースがなく、水越峠まで便乗させてもらう。水越峠ゲート横の東屋でアイゼンを付けて、さぁ出発である。

金剛の水では河南道の駅で買われたほくほくの焼き芋をご馳走になって、いや、旨かったこと。もみじ谷に入るとしっかりとした踏み跡ができている。今日は朝からたくさんの方が入られたようだ。といっても、都合3人の方と会っただけなので静かなものである。つららや雪を楽しんで本流との分岐点で小休止。ここでも特製の干し柿をいただくが、これがまた柔らかい。柔らかいうちに冷凍保存して自然解凍、これがコツのようである。我が家は干し過ぎなんだろうなぁ。

第六堰堤の氷瀑

第六堰堤の氷瀑は、この1週間の寒気ではまだまだ冷え足りないのか少し早かったようだが、充分な見事さで、岸壁の氷結も見応えはある。この堰堤を上がるともみじ谷で一番奇麗な谷筋で、結氷しかかっている川面すれすれを楽しく歩く。さて、もみじ谷にも別れを告げて赤やピンクのテープのあるところから急な尾根を一気に山頂に向けて、とにかくひたすら上る。

この程度の寒波では結氷しないのか

雪のある沢沿いを歩くのは気持ちいい

葛木神社裏手に達すると、そこは霧氷の花開く世界。青空が広がらないのが不満といえば不満である。まずは山頂は後回しにして、空いたお腹を満たすために香楠荘へ。途中の人の多さにも少しびっくりしたが、千早園地はどこかの遊園地みたいに人、人、人。香楠荘も人、人、人で食券を買うにも長蛇の列でご飯類は品切れ。ま、落ち着いてのんびりとできたが少し予測が甘かったかもしれない。

そり遊びするたくさんの子供を羨ましく見つつ国見城跡へ。気温は−4度。風がないので寒くは感じなかったが、2時半を過ぎても霧氷が残って奇麗である。下りは太尾道。大日岳でもまだ霧氷を楽しめるが、青空と展望に恵まれなかったのが少し残念であった。楽しい一日を過ごさせてもらったかもきみの湯に行かれるhanasaku隊とお別れして、千早赤阪村二河原辺の大楠公記念公園の水仙群落地の横を通りながら立ち寄らずに帰ると、翌日の朝刊には写真入りでちょうど見頃だとか。近々お散歩に行かなくては。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.