残雪登山? の高見山、展望は良かったものの・・・

2012-01-22

boo

ここ2,3日の暖かさと前日の雨で金剛山には行く気になれず、高見山では雪になっているかもとの甘〜い希望的観測で、ほぼ1ヶ月ぶりの山歩きは高見山。雪の心配は全く無しで新木津トンネルを出ると高見山がその勇姿を現す・・・が、白ないやん! もしかして、という期待は泡沫の夢と消え果てた。

朝の光を受けて出発

今日はたかすみ温泉は帰りに寄ることにして、杉谷登山口からのスタートで大峠に下る予定である。トレーナー1枚でも歩けるほどの陽気で小峠まで雪は全く無し。小峠で少し風は冷たく感じられたが、大寒の翌日とは思われない暖かさである。平野分岐の手前でやっと雪が見え出し、前日の雨で締められたのかよく滑るのでアイゼン装着。ここからは霧氷に気を取られて山頂までは知らぬ間に着いてしまうはずだが、葉を落としただけの樹林帯はなんとも淋しい。

小峠手前の崩壊地

霧氷のトンネルのはずなのだがナァ...

それでも笛吹岩からは北部台高や雲の切れ目に大峰も遥かに見える。山頂まで行くと360度の視界が開けて雲が棚引く展望は、山に来てよかったなーと思わせてくれる至福のひと時である。山頂避難小屋はまだ早い(10時過ぎ)ので空きがあって手作りおにぎりで昼ご飯。お隣からは焼肉パーティーのいい匂いが漂ってくる。質素な食事を済ましてもう一度山頂からの展望を楽しむ。ん?、小屋の中より外のほうが暖かかったんじゃない?

笛吹岩から台高北部

山頂避難小屋

高見山北尾根

三峰山

三峰山にかかっていた雲が取れる頃に大峠に向かって下山。こちらは1度上ったことはあるが下るのは初めてで、広々とした景色を見ながらの爽快な道である。こちらからも思ったよりたくさんの人が上ってくる。この分だとお昼の山頂は人、人、人で埋め尽くされていたんじゃなかろうか。と、余計な心配をしていたらベンチを過ぎた辺りから雪融けのドロドロ道出現で、これには閉口した。まるで春の残雪登山ではないか。

大峠へ下る

大峠は奈良県側も三重県側も通行止め。足跡はあちこちに

大峠〜小峠〜杉谷登山口と少し足に違和感はあったがリハビリ登山は無事終了。たかすみ温泉に移動して疲れた足を労ってやる。2時前と早めに着いたのでのんびりと浸かれたが、温泉を出る頃にはかなり混み合ってきたみたい。霧氷バスも2台は待機、ナントカ山岳会とかのマイクロバスもあり、人気満開の高見山のようだった。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.