前鬼〜深仙宿でテント泊して釈迦ヶ岳

2011-10-08

boo

林道ゲート前10:15〜前鬼小仲坊10:45〜昼飯11:20…11:40〜二つ岩12:30…12:35〜太古の辻13:35…13:45〜大日岳分岐14:00…14:35〜深仙の宿15:00

この三連休、晴れ・晴れ・晴れだとか。折角買ったテントを使わな損とサモシイ根性で近場でいいところがないかと探すこと半日。明神平、狼平は混雑しそう。以前nikkor14dさんに深仙の宿は雰囲気のいいとこだよとコメントしてもらったのを思い出して、この機会に行ってみようと。下北山村のHPでは前鬼への林道は問題ないらしい。杉の湯の道の駅でトイレタイムと思っていたら169は大変なことになっている。川上村役場などのほんの手前で大崩落があって迂回路を取る。少しズレていたら大惨事で自然の猛威をまざまざと見せつけられた。

169の大崩落現場。写真左手すぐには川上村役場など人家密集

対向待ちや40kmの低速走行の車に延々と安全運転を強いられたり不動七重滝を見物したりで、前鬼の林道ゲート前まで3時間。6,7台の駐車スペースがある。11kg(相棒は16kg)のザックを背負い舗装林道を30分で前鬼小仲坊。登山道の入口が分からず見当をつけて入って行ことすると、買い出しから戻られた宿坊の方に声をかけられて正しい入口を教えてもらった。登山道の情報も教えてもらい、少し木道階段に決壊があり巻き道を整備してくださったとか。ありがたいことです。奥駈への入口は林道を詰めたところから小仲坊に向かって右手の階段を上ると標識がある。

不動七重滝

車止めゲート前には6,7台の駐車スペース。吊り橋は通行止めなので30分、登山口まで林道を歩くことになる

踏み跡は明瞭でないところも多いがテープやローブ、指導票を頼りに行く。濃霧時や夜間は迷いやすいだろう。レンゲ坂谷のビッグスケール版といった感じだろうか。水のない沢を2回徒渉したところで昼ご飯。今日は暑いくらいの陽気で落ち着くと風が気持ちいい。二つ岩を過ぎると道は俄然険しくなって段差を乗り越えるのに11kgのザックは厳しい。今まではせいぜい4,5kg程度。大型ザックでのポッカトレーニングをしておけばよかった・・・とは、後の祭りで、足腰が悲鳴をあげる。

涸れた沢を2回徒渉する

踏み跡は不明瞭。テープを追う

段差の激しいところが多く、大型ザックが思いのほか身体にダメージを与える

階段はこの先で崩落。右手の巻き道を整備してくださっている

ここには補助の鎖が取り付けられている

二つ岩

太古の辻手前で今日初めての登山者と擦れ違う。休憩時間を差し引いてコースタイムよりほぼ5分遅れで太古の辻。稜線に出ると気持ちがいい。いい雰囲気のところで、しっかりと休憩を取っていると南奥駈から若者一人。釈迦に登って天狗山をピストンして前鬼へ下るという。少しして前鬼から男性一人。後ろに人の気配は感じなかったので凄いスピードで追いつかれたようだ。後で聞けばかなりの健脚者だと判明。我々の出発と同時に南奥駈へと向かわれる。今日はこの3人の方と出逢ったのみ。あとはイタチのような小動物とシカが数頭。

太古の辻まであとわずか

太古の辻

稜線に出るとグンと楽になるだろうと期待していたがそこそこにしんどい。相棒が大日岳に行くというのでオヤジは分岐で荷物番+大休止。ここでさきほどの健脚者さんと再会。なんでも明日南奥駈の涅槃岳へ行くので少し様子を見に太古の辻の前のピークに立ち寄ってきたらしい。相棒が帰って今宵の宿の深仙の宿へ。おお、気持ちの良さそうなところである。先ほどの健脚者さんもここですでに設営済み。隣にお邪魔させてもらう。予定ではこの日のうちに釈迦ヶ岳へ行っておくつもりだったが予想以上の遅い到着だったので、ま、のんびりするか。

大日岳への取付地点。物わかりのいいオヤジはここで待機

あの岩場を上るらしい

岩場の真下から眺めた風景らしい

今宵のねぐら、深仙の宿。正面に見えるのは釈迦ヶ岳、ではない

テン場は草地でフカフカ。奥は大日岳

早めの晩飯を済ませて、以前大山に行った帰りの道の駅で仕入れたモツ煮込みを当てに司馬遼太郎が愛飲したという飛騨古川の銘酒蓬莱を二人静かにしんみりと飲んでいると、西の稜線に日が沈みひと時の茜色の輝きを見せ、東南の空に姿を現したお月様はみるみる輝きを増し濃紺の空へと代わっていく。さあ、酒も尽きたことだしテントに入って今夜のメーンイベント・夜空のショータイムのために眠りを取ろう。11時、2時と空を見上げるのだが、あまりにもお月様が煌煌と輝いて真昼の様な明るさだ(この段、かなり誇張しております)。3時になってようやくお月様も西へ沈んで満天の星空が眩いばかりに広がっている。さて、もう一睡。

蓬莱・蔵元の隠し酒

夕日が山を染める

旭登山口への稜線に日が沈む

そろそろ一眠り

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.