大展望を満喫できた夏の鳥取・大山

2011-07-16

boo

南光河原駐車場5:50〜六合目7:05…7:20〜山頂8:10…8:30〜 正面登山口木道出合8:45…9:00〜六合目9:40…9:45〜南光河原駐 車場10:55

大山周辺の駐車場はスキーシーズンを除き無料である。南光河原駐車場も6時前というのにほぼ満車状態で、なんとか滑り込んだスペースの隣のワンボックスのおじさんは歯磨中。飯の支度をするグループもあり駐車場には朝のキャンプ場の雰囲気が漂っている。六合目まではブナ林や木陰に覆われて涼しいはずだが、今日は風が無いので絶え間のない階段に汗は吹き出てくる。二合目、四合目で2,3分の小休止を入れて六合目。

南光河原駐車場の対面にあるモンベル前から見る大山夏山登山道の稜線

満開のエゾアジサイが登山道を彩る

六合目でスイカ休憩。元気百倍!

今年初のスイカで元気を取り戻して再スタート。六合目からも急階段がつづくが七合目からは上につづく登山道が見え展望も開けて疲れを忘れる楽しい登りとなる。弓ケ浜は少し霞んでいるのが残念だが雲一つない青空は何よりの贈り物である。

草鳴社ケルンから麓

八合目を過ぎるとグンと楽になって大展望を満喫しつつもっと歩きたいなと思っているうちに九合目。ここからは山頂まで木道が延々とつづく。今日のように晴れた日は頂上台地と麓の展望を楽しむうちに山頂まで知らぬ間に着いてしまうが、ガスに包まれればけっこうきつい登りである。

山頂へとつづく木道

ナンゴククガイソウはもう少し先

シモツケソウ

イヨフウロ

山頂からはグルリ一週の展望で、今日は特に山側の見通しがいい。烏ヶ山から蒜山三山、遠くは氷ノ山、少し南に目を遣ると雲と雲の間には四国の剣山、石鎚山まで見えたような思い込みのような

剣ヶ峰から烏ヶ山、蒜山三山の山並み

烏ヶ山から蒜山三山、奥は氷ノ山に連なる山並みか?

山頂は落ち着かないので避難小屋でトイレを済まして木道の周回コースに入り、正面登山口から登り切った小台地に座り込む。家内と二人の貸切テラスで、直射日光を丸受けだが汗も引いて暑くもなく寒くもない。

弓ヶ浜の向こうには目のいい人には隠岐の島が見えたかも?

あとは下るだけだがこの時間になると次から次へと登ってくる人が増えて待機時間が結構多い。団体さんはいったんこちらが待ってしまうと仲間から遅れるのがよほど嫌なのか喘ぎながらもとにかく足を止めてくれない。余計にしんどいのになーと思う。しかし人が多いのも悪いことばかりではなく、昨年はあまり見かけなかった山ガールが非常に多かった。さすがに日本四名山のひとつで、有名どころに一極集中するのだろうか。

頂上台地の木道と弓ヶ浜

頂上台地は一周するのがいい

【おまけ】
この日、倅は金剛山・丸滝谷へ行ってきたという。天気は薄曇りで見通しも悪く、ここで親父と倅の普段の心がけがいかなるものか思い知ったことであろう。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.