時間切れと体力切れで、初めての御池岳無念敗退

2011-03-05

boo

山と高原地図「御在所・霊仙・伊吹」がAmazonから2,3日前に届く。地図を眺めて手頃なところを見つけると行きたくなる。鈴鹿の主峰の謳い文句に惹き付けられて下調べもそこそこに御池岳へ。遠いので頑張って4時半に家を出る。針まで走るところを今回は奮発して藤井寺から西名阪に乗る、つもりだった。ナント、工事で6時まで通行止め。これが今回の躓きの初めであった。仕方ないので天理まで走って1時間近くロスして藤原簡易パーキング(奇麗なトイレもあり、無料である)に着き、8時前にスタート。白瀬峠登山口で出会った地元をよく知る方からいろいろな話を伺って木和田尾を上る。しばらくは谷に沿った狭い道。谷を離れると昨日降ったという新雪が眩いばかりに広がる気持ちのいい林の中の道に変わる。その方の話によると咲き始めたセツブンソウがこの雪に覆われたそうで残念ながら見ることはできなかった。そこを過ぎた辺りで麓の山中から銃声一発。心の底まで響き渡って、怖いです。ただそのお陰か、シカの群れが雪原の中を駆け抜けて行ったのを目の当たりにできたのは嬉しかった。

白瀬峠登山口は藤原簡易パーキングから10分ほどの好位置にある

坂本谷分岐。ここでアイゼン装着

伊吹山が常に見え隠れする。手前は送電線

林床を新雪が埋め尽くす

カタクリ峠まで来ると雪もかなり深くなってきた

七合目からスノーシューのトレースをしばらく追うが、戻って直登する

新雪を踏み締めて辿り着いた鉄塔広場からは伊勢湾、伊吹、白山が見渡せ、また帰りのトラバースに不安があればここから尾根通しに下る安全な道があることを教えてもらう。坂本谷分岐の手前でセツブンソウを見に行くかと誘われたがあとの登り返しに怖じけてその方と分かれる。ここで御池岳へは時間的に難しいので藤原岳へのピストンか大貝戸への周回コースを勧めていただく。少し藤原岳にも心が動いたが結局御池岳に拘って白瀬峠へと進む。これが二つ目の躓きであった(地元をよく知る方の忠告は尊重すべきと反省)。白瀬峠へ向かう場合は少し危険なトラバースもあるのでアイゼンを付けることを勧められ、坂本谷分岐からはアイゼン装着。かなり怖いところもあって最後の急坂を上って白瀬峠に着いた時は疲れ切って小休止+補食。

坂本谷分岐までご一緒してこの辺りのことをいろいろと教えてもらった

白瀬峠へのトラバース。長くつづくので気が抜けない

御池岳へは右手に麓の田園地帯から遠く伊吹、白山を左に御池岳(丸山)から奥の平の稜線を樹間越しに見る快適な尾根道だ。しかも山頂付近は霧氷に覆われて期待が一気に高まる・・・はずだったのだが、カタクリ峠に着いたのはすでに3時間以上経過して、思いのほか新雪に足を取られたようで疲れも溜り、ここは六合目という標識にも心が萎える。とにかく先を目指して道をロスしながら七合目からの新雪の急坂を尾根に上り付く。この辺りから見上げる樹々には霧氷が着いている。谷を挟んだ御池岳には見事な霧氷が着いているようだ。しかし、まだ1時間はかかりそうである。4時間以上の登行はまだ経験がないのと新雪を歩くしんどさに弱気の虫が頭をもたげ、また霧氷を見られたという満足感もあって、ここで無念(弱気)敗退である。さて、帰りは教えてもらった安全かつ快適な尾根道を下ったが、最後の鉄塔で三つ目の躓きをやらかして道を間違って右に下るところを先行者の後を付いて下った先は元の白瀬峠登山口。嫌味な谷沿いのトラバースを避けるつもりが結局その道に戻ったというお粗末であった。

白瀬峠からカタクリ峠へ

県境尾根に乗った

霧氷の御池岳は谷の向こうである

この霧氷を見られたことに満足して八合目直前で敗退

天理手前で事故渋滞のため針で降りて、大宇陀〜桜井間から金剛・葛城の夕景

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.